ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫4匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

猫本

猫といっしょ

しあわせを願ったら猫が来た! 『猫といっしょにいるだけで』森下典子/著、新潮社庭先で生まれた5匹の子猫と、お母さん猫。 猫は嫌いだと思っていたけど、子猫の世話をしながら里親探しをしているうちに、そのにぎやかな毎日が大切なものになってきて。 猫…

ねこのび~る

猫はのびます。 『くろねころびんちゃん びろーん』くろねこいしょう/さく・え、ディグミーアウト・プレスくろねころびんちゃん。 いろんなところで、びろーん。くろねころびんちゃんシリーズの中でも一番好きです、びろーん。帯に「猫って、こうだよなあ」…

猫切り絵

切って飾ってかわいい。 『12か月のねこ切り絵』高木亮/著、誠文堂新光社『ねこ切り絵』の第2弾がこの本。 かわいい仕草や表情の猫がたくさんです。 切って飾って楽しめる、猫の切り絵集。切り絵のいいところは、身近な材料と道具ですぐにはじめられるとこ…

猫のお弁当

食べるのは人間です。 『かんたん!かわいい!ねこ弁』ダンノマリコ/著、金の星社簡単でかわいい、猫のお弁当レシピ本。がんばらなくてもできそうな、ゆるい感じのキャラ弁当。 この「がんばらなくてもできる」って、お弁当作りには大事ですよね。毎日のこ…

猫の味方

正義と猫の味方。 『猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち』大山淳子/著、講談社お見合い30連敗中の弁護士・百瀬。 猫弁と呼ばれて、猫関連の依頼ばかり。 ある日、ちょっと厄介な依頼が舞い込んできて…。 猫と人の幸せを願う弁護士の、心あたたまるミス…

甘い猫

食べちゃいたい。 『猫いっぱいのスイーツBOOK』Laura/著、KADOKAWA洋菓子から和菓子まで、すべてのお菓子が猫! かわいすぎて食べられない、しあわせいっぱいのスイーツ作品&レシピです。お菓子作り、しばらくしてないです。 こんなにかわいいお菓子を作…

ミーラ

その名前も。 『猫のミーラ』井上奈奈/絵と文、堀之内出版今日、フリーダは眉毛をそりました。こんな不思議な一文からはじまるこの絵本。 女の子と猫の物語です。井上奈奈さんといえば『ウラオモテヤマネコ』。 その美しい装丁と世界観がとても好きで、無二…

クロネコの母

父さんはきっと白猫。 『くろねこかあさん』東君平/さく、福音館書店黒猫かあさんには、黒猫3匹、白猫3匹の子猫がいます。 6匹の子猫を育てる黒猫かあさんのユーモラスな絵本。黒猫と白猫が切り絵で描かれているのが面白いです。 パズル遊びのように、小さ…

猫語

猫の戦術。 『猫語の教科書』ポール・ギャリコ/著、灰島かり/訳、筑摩書房猫による、猫のための、快適生活を手に入れるためのマニュアル。 人とうまく暮らしていくための、猫なりの工夫がたくさん綴られています。まず、猫の手でタイピングしている姿を想…

マイキーと

はじめての英語に。 『リサ・ラーソンのABCブック』リサ・ラーソン/イラスト、ヨハンナ・ラーソン/イラスト、パイインターナショナルリサ・ラーソンのキャラクターと一緒に、楽しくアルファベットを学べます。猫のキャラクター「マイキー」は、猫好きなら…

猫のて

足じゃありませんよ。 『ねこのおてて』パイインターナショナル猫の手写真集。 かわいいおててを集めました。前足って言わないで。 おててなんです。クリームパンみたいなんです。ピンポイントでおてての可愛さを堪能できる、猫の手好きには夢のような写真集…

子猫のかくれんぼ

子猫の魅力。 『こねこがにゃあ』ひろのたかこ/さく、福音館書店お母さん猫が子猫たちを呼びます。 かわいらしい子猫たちのかくれんぼ。色鉛筆で描かれたやさしい風合いの子猫たち。 表情やしぐさから、子猫たちの愛らしさが伝わってきます。母猫に見守られ…

本屋の猫

本屋には黒猫が似合う。 『本屋のラク 9回生きたねこのはなし』くどうかずし/文、やまぐちぴこ/絵、出版ワークス黒猫のラクと飼い主のソウタ。 9回生まれ変わることができると女神から教えてもらったラクは、何度も生まれ変わった姿でソウタに会いに行きま…

猫のキャンプ

表紙が陽気。 『ねこのオーランドー』キャスリーン・ヘイル/作・画、脇明子/訳、福音館書店いつもは飼い主のお宅でねずみ取りの仕事をしている猫のオーランドー。 あるとき休暇をもらえたので、家族でキャンプに出かけました。 気持ちよく乾いた場所にテン…

はっけよーい

最強の妖怪は相撲で決まる。 『どっせい!ねこまたずもう』石黒亜矢子/作・絵、ポプラ社今日は100年に一度の大相撲大会。 無敵の大横綱、ねこまたの「にゃんこのやま」に勝てる相手は現れるのか?妖怪達が集まっての相撲大会。 にゃんこのやま、強い強い。…

あなたのことが

お母さん泣いちゃう。 『あなたがだいすき』鈴木まもる/作、ポプラ社あなたがだいすきです。 あなたがいるだけで、とってもとってもうれしい。大好きな気持ちをまっすぐに伝える絵本。表紙が猫なので猫本に選びましたが、実は猫の本ではありません。いろい…

ノラやい

おかしくて愛しい。 『ノラや』内田百間/著、中央公論新社老先生と猫の、愉快で愛に満ちたお話。 言わずと知れた、猫本の名作です。新装版が可愛くてつい手にとってしまいました。 私が最初に読んだときの本は、表紙はイラストだった気がします。何度も版を…

ぎんちゃん

猫と暮らせばそこにあるもの。 『ぎんちゃんとわたし』大山美鈴/著、幻冬舎猫のぎんちゃんとわたしのしあわせな日々を綴ったコミックエッセイ。なにげないことが本当にしあわせ。 頭こつんこしてくれたり、名前を呼ぶとお返事してくれたり。 別に特別なこと…

猫漫画

猫文学を漫画で。 『Catnappers 猫文学漫画集』長崎訓子/著、ナナロク社赤川次郎、筒井康隆、別役実、中原昌也、芥川龍之介、更級日記… 猫の短編文学を漫画でどうぞ。この本を持ってるだけで、猫文学の上級者になれたような気持ちになれます。 そして読めば…

そのときまで。

愛のかたまり。 『さよなら、ちょうじろう。』小泉さよ/著、ベストセラーズかけがえのない存在。 かけがえのない毎日。 出会いから、病気の発覚、闘病、そしてお別れ。 大切な愛猫を看取るまでの、かけがえのない記録。いつか必ず来る、そのとき。 イラスト…

猫のあたし

あたしのお話。 『あたしの一生 猫のダルシーの贈り物』ディー・レディー/著、江國香織/訳、飛鳥新社猫の「あたし」と「あたしの人間」の物語。私が読んだのはずっと昔で、新装版になる前の本。 猫本にまだそこまで興味がなかった頃で、江國香織さんが訳し…

ニャー

ニャーニャー。 『せかいねこのひ』井上奈奈/絵と文、新日本出版社ある朝目覚めたら、誰もが言葉を忘れていました。 口から出るのは「ニャー」という鳴き声だけ。 困った人たちは、こんな日は猫をお手本に過ごそうと決めました。8月8日は世界猫の日。 なぜ…

猫も犬も

幸せに暮らしています。 『みんなイヌ、みんなネコ』sippo編集部/編、パイインターナショナル野良だったり、保護猫・保護犬だったりした犬や猫たち。 今は家族と巡り会い、幸せに暮らしています。元々野良だったとは信じられないくらい、みんなふくふくと幸…

セブンティーン

17歳のきみへ。 『17歳 光と影の季節』おかべてつろう/著、ひだまり舎これから17歳になろうとする人へ。 あるいは、かつて17歳だった自分へ。 光と闇を抱える悩み多き年頃のあなたへの応援ブックです。猫の17歳といえば立派な高齢猫ですが、人間の17歳はま…

猫のごーしちご

ねこだっていっくよみたいときがある。 『ねこはい』南伸坊/著、KADOKAWAこれは猫を詠んだ俳句ではありません。 猫が詠んだ俳句です。南伸坊さんが猫の気持ちになって作った俳句たち。猫が詠んだらこうなるだろう、という発想がすてきです。ときに…

猫と袋

袋があったら入ります。 『そらとぶそりとねこのタビー』C・ロジャー・メイダー/作・絵、齋藤絵里子/訳、徳間書店ある真夜中、ねこのタビーがひょいっと入ったからっぽの袋は、サンタさんの袋でした。 いつのまにかサンタさんのおうちへ来てしまったタビ…

猫とターシャ

ターシャの猫本。 『こねこのクリスマス』ターシャ・テューダー/絵、エフナー・テューダー・ホールムス/作、辻紀子/訳、いのちのことば社フォレストブックス自然豊かな森の中で昔ながらの伝統を大切に暮らしていた絵本作家のターシャ・テューダー。 絵本…

世界の猫

旅も猫も大好き。 『世界の美しい街の美しいネコ』小林希/著、エクスナレッジ世界中の美しい街と猫をめぐる旅。旅エッセイで知られる小林希さん、私にとっては猫旅本作家さんです。 『日本の猫宿』はもちろんのこと、『週末島旅』は表紙が猫ですからね。こ…

猫と日だまり

他にはない絵本。 『ひなたぼっこねこ』おづちともか/作、エディション・エフ猫の家には、東と西に窓があります。 猫とお日さまのおはなし。一筆箋のような姿のこの絵本。 子どもの手にもなじむかわいいサイズです。そしてこの絵本、フランス語が併記されて…

にゃおん

猫本はじめ。 『にゃおんのおはなし』いのまたむつみ/著、徳間書店イラストレーターいのまたむつみさんの愛猫イラストエッセイ。これはおそらく、私がはじめて買った猫本です。猫は好きだけど猫本や猫グッズには興味がなかった10代の私。 当時『風の大陸』…