ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

猫本

がまん爆発!

ストレスはためないように。 『ほげちゃん』やぎたみこ/作、偕成社クマのぬいぐるみなのに、カバと言われるし。 ゆうちゃんはちょっと乱暴にあつかうし。 汚れてきたら「きたない」って言われるし。 ほげちゃんは、いろいろと我慢してたんですね。読み聞か…

やっぱり猫はおどる

困ると踊りたくなるのが猫。 『こまったときのねこおどり』いとうひろし/作、ポプラ社なにをやっても失敗してばかりのねこさん。 町をでて森のなかで暮らしていますがそこでもうまくいきません。 でも今日は、ごちそうのねずみをつかまえられて大喜び。 で…

猫はおどる

ねこ+さかな=ねこざかな! 『おどるねこざかな』わたなべゆういち/作・絵、フレーベル館ねこはさかなが好き。 さかなもねこが好き。 で…時々ねこはさかなのなかに入って、ねこざかなになるのです。この奇想天外な発想! もうこの絵本のとりこです。ねこざ…

猫とピンク

『モンテロッソのピンクの壁』江國香織/作、荒井良二/絵、集英社夢に出てきたピンクの壁。 モンテロッソに行かなくちゃ! 猫のハスカップの旅の物語。江國香織さんの猫絵本。 絵本にはまだあまり興味がなかった20代前半のころ、文庫で手に入れました。 私…

みんな猫である

名前もまだない? 『吾輩も猫である』新潮社猫の視点で書かれる物語といえば、夏目漱石の『吾輩は猫である』ですよね。 これは、猫好き作家8名が漱石の「猫」に挑む、猫のアンソロジー。 猫好きにはたまりません。それぞれの作家がそれぞれの作風で描く猫の…

猫はかしこい

世界は、肉球よりも、まるい。 『きりこについて』西加奈子/著、KADOKAWAきりこは「ぶす」な女の子。 小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫ラムセス2世をひろった。 「ぶす」と言われて傷ついたきりこが見つけた、世の中で一番大切なこと…

なかよく半分こ

欲張ってはいけませんね。 『おおきなねことちいさなねこ』石黒亜矢子/再話・絵、好学社仲良しの大きな猫と小さな猫が、大きなおにぎりと小さなおにぎりを拾います。 おなかがペコペコの2匹は、どちらが大きなおにぎりを食べるかを巡ってけんかに。 決着が…

みんな大好き

猫が増えていきます。 『10ねこ』岩合光昭/著、福音館書店写真家の岩合光昭さんが撮影した猫たち。 ページをめくると、1ぴき、2ひきと増えていきます。猫好きさんに岩合さんを知らない人はいないのではないかと思います。 世界ねこ歩きは必ず録画していたり…

子猫絵本の名作

きれいな水色に子猫が映えます。 『ちいさなねこ』石井桃子/さく、横内襄/え、福音館書店美しい表紙に、まずため息。 お話を読んで、またため息。 本当にすばらしい絵本です。小さな猫の、大冒険。 ハラハラしながら読んで、ほっと安心して終わる。 「行っ…

猫と過ごす時間

手に取ると泣いてしまう。 『てつぞうはね』ミロコマチコ/著、ブロンズ新社ミロコマチコさんが、愛猫てつぞうとの日々を描いた絵本。 猫好きなら誰もが手に取り、誰もが泣いた、そんな絵本です。猫にはそれぞれ個性があって、同じ子は1匹もいません。 我が…

猫が時間をお知らせします

いえいえ、時間はおしえてくれませんよ。 『ねこどけい』きしだえりこ/さく、やまわきゆりこ/え、福音館書店鳩時計の鳩と遊びたい猫のねねこ。 ちょっかいを出したら時計が壊れてしまいました。 ことちゃんが時計屋さんで直してもらって、おまけにねねこに…

寝る子は育つ

猫の日は、大好きな酒井駒子さんの猫絵本。 『ヨクネルとひな』LEE/文、酒井駒子/絵、ブロンズ新社ひなちゃんのうちにやってきた子猫。 野良猫のお母さんが連れてきました。 女の子と子猫のやさしい出会いの物語。酒井駒子さんの作品が大好きです。 大…

猫コレクション

猫を集める。 『名画のなかの猫』アンガス・ハイランド/著、キャロライン・ロバーツ/著、喜多直子/訳、エクスナレッジ私にはコレクター気質が欠けている、と思いながら長いこと生きてきたのですが、最近はちょっと変わってきました。 絵本を買うようにな…

雪のように白い猫

甘くてせつない猫の片思い。 『雪猫』大山淳子/著、講談社子猫の時にごみ袋に捨てられていたところを助けてくれた理々子。 だからぼくは理々子が何より大切なんだ。 理々子がピンチの時に、人間の姿に変身できる力を手に入れた白猫タマオ。でもそれは夜だけ…

猫はネコ。

ねこです! 『ねこです。』北村裕花/作、講談社もうね、シンプルに猫の絵本。 猫の絵本といえばこれ、って言いたくなる。 そんな潔いくらいに猫の絵本です。鮮やかな色合い、大胆なフォルム。 丸っこくてやわらかい猫の魅力がたっぷりと描かれています。猫…

思い出を縫い上げる

賢治じゃないですよ。 『ヤマネコ毛布』山福朱実/作・画、復刊ドットコム森を出ることに決めたヤマネコのために、森の仲間たちが布と糸を使って思い出を縫い上げた毛布をつくります。楽しかったこと、腹立たしかったこと、思い出の中身はそれぞれ。 いいこ…

黒猫といっしょ

猫と一緒に空を飛ぶ。 『魔女の宅急便』角野栄子/著、角川書店スタジオジブリの映画は、何度も繰り返し観ました。 小説を読んだのは中学生の頃。 黄色とオレンジ色の鮮やかな装丁が印象的でした。文庫本が出ているのを知って、再読のために購入しました。 …

ギュスターヴ

おまえはネコかい? 『ギュスターヴくん』ヒグチユウコ/著、白泉社ヒグチユウコさんのキャラクターの中でも異彩を放つ存在、ギュスターヴくん。 頭はネコで、足はタコ、手はヘビという不思議な生き物。 いたずら好きで、いきなり10匹に増えてやりたい放題。…

いそがしい

猫だっていろいろあるの。 『ねこはまいにちいそがしい』ジョー・ウィリアムソン/作・絵、いちだいづみ/訳、徳間書店猫に声をかけると、「うるさいなあ」みたいな目線を向けてきたり、耳や尻尾だけで返事したり、なんだかつれない反応がかえってくることが…

猫に帽子

新年最初の紹介は可愛すぎる猫の本。 『世界でいちばん愛らしい帽子ねこ』サラ・トーマス/著、 佐藤美穂/訳、エクスナレッジ猫に帽子って、いる!? うちのこは帽子どころか、服も、靴下も着ていません。 首輪をしているのも、5ぶんの2ひきだけ。 猫に帽子…

お客さま

『黒ねこのおきゃくさま』ルース・エインズワース/作、山内ふじ江/絵、荒このみ/訳、福音館書店 冬の嵐の晩に、おじいさんの家に1匹の黒猫がやってきます。 びしょぬれで痩せ細った猫に、おじいさんはミルクもパンもすべてあげて、とっておきのお肉まで…

スイッチオン!

クリスマスの夜の電気屋さん。 『ねこのでんきやスイッチオン』渡辺有一/作、フレーベル館クリスマスの夜、とらねこ一家はツリーの飾りつけをしています。 すると突然雷が落ちて、まちが大停電に。 電気屋さんのとらねことうさん、出動します!イルミネーシ…

空飛ぶうきわ

夏の海水浴とは関係ありません。 『うきわねこ』蜂飼耳/ぶん、牧野千穂/え、ブロンズ新社子猫のえびおが誕生日プレゼントにもらったのは、魔法のうきわでした。 満月の夜、えびおの冒険の物語。泳ぐのは海ではなくて、真夜中の満月の空をぷかぷかと浮くん…

本屋の猫になりたい

安定感半端ない女主人、登場です。 『ほんやのねこ』ヒグチユウコ/絵と文、白泉社『せかいいちのねこ』のシリーズ第3弾は、ほんやのねこです。 ひとくせあるお客さんたちに、本屋の主人はそれぞれにぴったりの本をおすすめします。猫好きの本屋好きにはた…

ねこおどる!

土曜日の夜にはじまるダンスパーティ。 『なんびきのねこたちおどる?』キャロライン・スタットソン/文、ジョン・クラッセン/絵、いわじょうよしひと/訳、犀の工房土曜日の夜、路地裏に集まる猫たち。 2匹、4匹、6匹と増えていって、ダンスパーティがはじ…

大人のための猫寓話

ひと味違う、猫の物語。 『猫のエルは』町田康/文、ヒグチユウコ/絵、講談社さすが町田康、という感想。 猫が出てくる5つの寓話短編集なのですが、一筋縄ではいかないのです。 ヒグチユウコさんの挿絵が独特の世界観を増幅させています。そんな中でも、表…

月とおさんぽ

フランスで愛されてきた名作絵本です。 『こねことおつきさま』アルベルティーヌ・ドゥルタイユ/作・絵、ふしみみさを/訳 、徳間書店やんちゃな子猫が、満月の夜にお散歩にでかけると、月が追いかけてきます。 月と一緒に遊びながらどんどん進んでいくと……

寄り添うだけで

猫はそこにいるだけで癒やしです。 『ねこの看護師 ラディ』 渕上サトリーノ/文、上杉忠弘/絵、講談社弱り痩せ細った黒猫ラディは、助けられた動物保護施設で、奇跡的な回復をみせます。 するとラディは、施設に運び込まれてくる、ケガや病気で弱った様々…

涙のにおい

猫には隠し事はできません。 『夜廻り猫』深谷かほる/著、講談社涙のにおいをたどって、心で泣いている人の心に寄り添うためにやってくる夜廻り猫。 傷ついた人を励ますために、毎夜、現れます。友人から「まだ読んでなかったら読んでみて」と貸してもらった…

すべて猫のもの

猫好きならば否めない。 『わたしのものよ』マルー/えとぶん、WAVE出版大判の表紙は、緑と花に囲まれた、白い猫。 美しい絵本です。リリさんの家で、犬のゴマと共に暮らす猫のサカナの日常。 家の中で外で、出会うモノすべて「わたしのものよ」とサカナ…