ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、保護猫5匹と暮らしています。本屋さんになるための修行中。

猫本

大人のための猫寓話

ひと味違う、猫の物語。 『猫のエルは』町田康/文、ヒグチユウコ/絵、講談社さすが町田康、という感想。 猫が出てくる5つの寓話短編集なのですが、一筋縄ではいかないのです。 ヒグチユウコさんの挿絵が独特の世界観を増幅させています。そんな中でも、表…

月とおさんぽ

フランスで愛されてきた名作絵本です。 『こねことおつきさま』アルベルティーヌ・ドゥルタイユ/作・絵、ふしみみさを/訳 、徳間書店やんちゃな子猫が、満月の夜にお散歩にでかけると、月が追いかけてきます。 月と一緒に遊びながらどんどん進んでいくと……

寄り添うだけで

猫はそこにいるだけで癒やしです。 『ねこの看護師 ラディ』 渕上サトリーノ/文、上杉忠弘/絵、講談社弱り痩せ細った黒猫ラディは、助けられた動物保護施設で、奇跡的な回復をみせます。 するとラディは、施設に運び込まれてくる、ケガや病気で弱った様々…

涙のにおい

猫には隠し事はできません。 『夜廻り猫』深谷かほる/著、講談社涙のにおいをたどって、心で泣いている人の心に寄り添うためにやってくる夜廻り猫。 傷ついた人を励ますために、毎夜、現れます。友人から「まだ読んでなかったら読んでみて」と貸してもらった…

すべて猫のもの

猫好きならば否めない。 『わたしのものよ』マルー/えとぶん、WAVE出版大判の表紙は、緑と花に囲まれた、白い猫。 美しい絵本です。リリさんの家で、犬のゴマと共に暮らす猫のサカナの日常。 家の中で外で、出会うモノすべて「わたしのものよ」とサカナ…

いいこだね

岩合さんの声が好きです。 『日本のねこみち』岩合光昭/著、朝日新聞出版もう前のことですが、この本の出版記念トークイベントの抽選に当たり、参加しました。 「世界ネコ歩き」を毎回録画して見ている私は、岩合さんの大ファンです。 猫に話しかける岩合さ…

猫本だらけ猫だらけ

『本屋、はじめました』の隣に並べています。 『猫本屋はじめました』大久保京/著、洋泉社日本初の猫本専門店といえば書肆吾輩堂。 インターネット書店の吾輩堂の店主さんによるエッセイです。オンラインショップを見ていると、欲しい本ばかりで大変です。 …

猫の世界もむずかしい

宮沢賢治の猫のおはなし。 『猫の事務所』宮沢賢治/作、黒井健/絵、偕成社かまどの中で眠るため、いつもススだらけの「かま猫」。 体が汚れているからと猫仲間から嫌われていて、事務所でもほかの猫からいじめられています…。いろいろな猫が出てくるのです…

猫のいる庭

猫好き作家さんによる猫の絵本。 『ハーニャの庭で』どいかや/作、偕成社どいかやさんの描く優しいタッチの絵が大好きです。 どいかやさんは、保護した猫たちと暮らしている猫好きさんです。新しい服を買わずに今あるものを大切に暮らすなど、その暮らし方…

世界で一番美しいもの

猫は美しい。 『世界の美しい猫101』レイチェル・ヘイル・マッケナ/写真、山根義久/監修、大浜千尋/訳 、パイインターナショナルただの猫の図鑑ではありません。 美しく、可愛らしいのです。 ビジュアル重視で撮影された写真は、猫好きの心を鷲掴みに…

猫しかいない町

猫町、猫好きにはたまらない響きです。 『猫町』萩原朔太郎/著、心象写真制作スタッフ/著 、ベストセラーズいつもの道を散歩していたら、猫ばかりの世界に迷い込んでしまった…。詩人、萩原朔太郎の短編小説を写真付きで楽しめる1冊。 私の手持ちの『猫町』…

猫のおんがえし

ふんわりしたかわいい絵にひそむ、意外性。 『くつやのねこ』いまいあやの/文・絵、BL出版民話「長靴をはいた猫」をアレンジした絵本。 貧しい靴屋が、いっぴきのねこと暮らしていました。お客さんがさっぱりこず、お店をたたむしかないかと途方ににくれ…

ぐるりヨーロッパ

読むだけで旅に出られます。 『たびネコさん』ケイト・バンクス/作、ローレン・カスティーヨ/絵、住吉千夏子/訳、きじとら出版翻訳コンクールに毎年応募している友人から教えてもらった本。 翻訳していく過程を一緒に楽しみながら読みました。ヨーロッパ…

冒険の相棒

大好きな酒井駒子さんの絵本。 『はんなちゃんがめをさましたら』酒井駒子/ぶん・え、偕成社子どもにとって、いつもは寝ているはずの時間に目を覚ますことは、大冒険。 そんなドキドキが伝わってくる、静かな優しい絵本です。私が「あるある!」と思ったの…

猫の不思議な世界

昨日はブログ休んでしまいました。 『せかいいちのねこ』ヒグチユウコ/絵と文、白泉社ヒグチユウコさんの描く猫はクセになります。 繊細だけど力強い描写で、ずっと見ていられる。 それでいてお話もいいのです。登場する猫たちには、モデルがいるようです。…

裏と表

ヤマネコも猫です(ФωФ) 『ウラオモテヤマネコ』井上奈奈/絵と文、堀之内出版表紙の手触り、しかけ、箔押しの文字。 一目見た瞬間、手に取った瞬間、この本が丁寧に大切に作られたものだとわかります。 美しい絵本です。ヤマネコと少女の、裏と表をめぐる物…

アンガスは犬です

犬のアンガスシリーズのなかの1冊。 『アンガスとねこ』マージョリー・フラック/さく・え、瀬田貞二/やく、福音館書店犬のアンガスが主人公です。 猫はあくまでアンガスの興味のさきにあるものです。 でも、猫好きにかかれば、これは立派な猫本になるので…

夜の世界、昼の世界

ワイズ・ブラウン&ワイスガードの猫本です。 『よるとひる』マーガレット・ワイズ・ブラウン/ぶん、レナード・ワイスガード/え、ほしかわなつよ/やく昼が好きな白い猫と、夜が好きな黒い猫。 お互いに、昼と夜の素敵なところを紹介しあいます。 暗い夜が…

猫が好き!

この直球のタイトルがいいですよね。 『猫が好き』アヌシュカ・ラヴィシャンカ/著、デュルガ・バイ他/絵、野坂悦子/訳、グラフィック社 函から出すとこんな感じです。これはインドのタラブックスという出版社で作られた絵本で、1冊ずつ手漉きの和紙にシル…

猫を助ける少女

橋本紡さんの作品には、いつも猫が登場します。 これは、その猫がテーマの作品。 『猫泥棒と木曜日のキッチン』橋本紡/著、メディアワークス突然失踪してしまった母親、残された私と小さい弟。 捨てられていた子猫。 助けられなかった命、助けてあげたい命…

大きいことはいいことだ

へその緒のついた、生まれたばかりの子猫が捨てられていたのを保護して育てたことがあります。 何日生きられるかわからないような、綱渡りの日々。 「おおきくなあれ」と毎日祈っていました。 その子は無事大人になり、16歳まで生きてくれました。 『ねこが…

生きること愛すること

子どもの頃、通っていた歯医者さんの待合室に置いてあり読んだことを覚えています。 『100万回生きたねこ』佐野洋子/作・絵、講談社子どもの頃は正直、よくわからずに読んでいました。 猫の絵本だから手に取っていたという感じ。 いろんな人生(猫生?)を…

猫のプライド

猫って高いところが好きですよね。 『てっぺんねこ』C・ロジャー・メイダー/作、灰島かり/訳、ほるぷ出版高いビルのバルコニーや屋根の上がお気に入りの猫。 ある日そこに鳩がやってきた。飛びかかるけど、鳩は飛んで逃げて、猫は飛べすに落っこちてしまい…

世界的、猫

8月8日は「世界猫の日」ということで、この本。 『俺、つしま』おぷうのきょうだい/著、小学館インパクトですよね。猫マンガはあまり好んで読まないのですが、これは思わず手に取るといいますか、気になってしょうがなくて、ついに読んでしまいました。読ん…

かなしみのさきに

やまねこも、猫です。 『くまとやまねこ』湯本香樹実/ぶん、酒井駒子/え、河出書房新社湯本香樹実さんといえば、世界中で読まれている小説『夏の庭』で有名ですが、この絵本もロングセラーになっています。テーマは「死別」。 友だちのことりを亡くしたく…

猫とみずたま

8月1日は水の日ということで、この本を。 『みずたまのたび』アンヌ・クロザ/さく、こだましおり/やく、西村書店猫本でもあり、水本です。 私の苗字は水に関わりがあるので、水には関心があります。 猫×水という組み合わせ、たまりません。猫が水を飲んだ…

猫と暮らす生活

ちっぽけ町に、ねこ5匹と暮らしています。 『ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。』どいかや/著、白泉社『チリとチリリ』や『うさぎのルーピースー』などの作品で知られる絵本作家のどいかやさんは、猫好きとしても知られていますが、これはそんなどいかやさんの…

久子さんと猫と本屋と

この本は、私にとって奇跡の1冊です。 『猫はしっぽでしゃべる』田尻久子/著、ナナロク社熊本の本屋さん「橙書店」の店主、田尻久子さんのエッセイ。 この本の佇まい。いい本だということが伝わってきます。書店員さんが書いた本、最近多いなという印象が…

子猫のしあわせ

困っている猫は放っておけない性分です。 困ってなくても放っておけない。 猫からしたら、時には迷惑かもしれません。 でもこの性分はなおらないと思います。 『子ネコのスワン』ホリー・ホビー/作、三原泉/訳、BL出版ひとりぼっちになってしまった子猫の…

ネコ科みんな好き

先日、野生ネコの番組を見ていたら、サビイロネコにひとめぼれしました。ネコ科はみんな大好きです。 『サイモンは、ねこである。』ガリア・バーンスタイン/作、なかがわちひろ/訳、あすなろ書房猫のサイモンは言いました。 「ぼくたち、にてますね」 それ…