ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫4匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

あなたも私も

通りすぎるまえに。 『ほんのちょっと当事者』青山ゆみこ/著、ミシマ社わたしたちが「生きる」ということは、「なにかの当事者となる」ことなのではないだろうか。 様々な社会問題を「自分事」として考えてみた社会派エッセイ。 社会派なのに明るくて、ユー…

猫を抱く

それぞれの幸せのかたち。 『猫は抱くもの』大山淳子/著、キノブックス東京郊外を流れる青目川に架かる「ねこすて橋」。 この橋では、夜になると猫たちが集会を開いている。 飼い猫、野良猫…それぞれの事情を持つ猫と人間たちが織りなす連作短編集。映画化…

賢治の愛

時代の波に消された恋。 『宮澤賢治 愛のうた』澤口たまみ/著、夕書房賢治には恋人がいた。生涯独身だったことから、その恋心は妹トシや親友に向けられたと解釈され「聖人」と呼ばれることの多い宮澤賢治。私は、賢治には結婚を考えるような恋人がいたこと…

冴子さんの日常

東京ライフ。 『冴子の東京物語』氷室冴子/著、集英社長電話魔の冴子さんは、莫大な長距離電話代を浮かすため、生まれ育った北海道から東京へ引越しをすることに。 1987年に書かれた、氷室冴子等身大のエッセイ。最近古本屋さんで見つけて、思わず手にして…

木彫りの猫

ねこをほる。 『はしもとみお猫を彫る』はしもとみお/著、辰巳出版猫ですか?いいえ、彫刻です。大人気の動物彫刻家、はしもとみおさんの初の猫作品集です。まるで生きているかのよう。 一瞬を切り取って木の中から彫りだされた猫たち。 圧巻の、猫まみれで…

ようこそ、トラ!

とら年ですね。 『おちゃのじかんにきたとら』ジュディス・カー/作、晴海耕平/訳、童話館出版お茶の時間に、突然ソフィ-の家を訪ねてきたとら。 おなかが空いているというとらを、ソフィーたちは快く招き入れます。 とらは、ソフィの家の食べ物や飲み物を…

2022

新年あけましておめでとうございます。毎度のことながら、猫とこたつで丸くなるお正月を過ごします。 キャットタワーで丸くなる猫。先が見えないコロナ禍ではありますが、ネコオドルは変わらずに、本との出会いを、そして本で繋がる人との出会いを、みなさま…

今年もありがとうございました

2021年もあとわずか。今年もありがとうございました。今年は、キジ(推定17歳)とのお別れがありました。 昨年、キジの子しゅんを見送っていたので、2年続けての悲しい出来事でした。今は4匹と暮らしています。ひょろひょろだった白茶のベル1歳は、プクプクに…

ぼうしつき

ずっといっしょ。 『わたしのマントはぼうしつき』東直子/作、町田尚子/絵、岩崎書店ふちのところがふさふさの、お気に入りの赤いマント。 雨がふっても雪がふっても、いつでも一緒。 悲しくっても恥ずかしくても、帽子をかぶれば大丈夫。くまと、うまと、…

白猫のクリスマス

わたしのサンタさん。 『サンタクロースのしろいねこ』スー・ステイントン/文、アン・モーティマー/絵、まえざわあきえ/訳、徳間書店世界で一番北にあるサンタクロースの家には、雪のようにまっしろな猫スノウがいます。 あるクリスマスイブのこと、スノ…

サンタさんのだっこ

ぎゅっ。 『だっこさんかいサンタクロース』角野栄子/作、よしむらめぐ/絵、小学館今日はクリスマスイブ。 サンタさんがちゃんと来てくれるか心配なアコちゃんとクマちゃんとトラトラちゃん。 みんなで一緒に、サンタさんをお迎えする準備をします。サンタ…

猫がいる百貨店

百貨店には魔法使いがいる。 『百貨の魔法』村山早紀/著、ポプラ社戦後の焼け跡のなかに、街の人々の希望として生まれ、愛されてきた星野百貨店。 創業50年を迎えた今、閉店が近いのではないかとささやかれている。 魔法を使う白い子猫がいるという噂がある…

読書会@小部屋

12月12日、寄居読書会でした。前回の開催が1月だったので、約1年ぶり。 コロナが少し落ち着いてきたので再開となりました。今は5人のメンバーで幹事を順番にまわしていくスタイルで行っていて、今回はMさんプレゼンツです。会場は図書館2階の素敵な小部屋を…

赤と青

『赤と青とエスキース』青山美智子/著、PHP研究所赤と青で描かれた女性の絵。 1枚の水彩画によってつながる5つの物語。今までの青山美智子さんの作品とは少し違う印象がありました。 でも読み終わると、これぞ青山さん、という感じなんです。じんわりとあた…

冬ごもりマルシェ

12月4日、冬ごもりマルシェ@桶川に出店しました。 会場は元郵便局だったというレトロで素敵な建物。 室内なので温かく、本の大敵である雨風日差しの心配もない快適な場所です。 ネコオドルのスペースはこちら。ブックイベントではないので、本は少なめ。 子…

チュチュ

もちろん踊ります。 『ちびねこのチュチュと、スプーンのあかちゃん』二宮由紀子/作、牧野千穂/絵、岩崎書店ちびねこのチュチュは、スプーンさんの家に生まれた赤ちゃんを見に行くことになりました。黒猫のチュチュ、スプーンのあかちゃんに会いに行って、…

うろ覚え

曖昧上等! 『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』福井県立図書館/編著、講談社図書館で探している本のタイトルが、うろ覚えだったり、ざっくりあいまいだったり。 そんな覚え違いの中から厳選した面白おかしい90タイトルの事例集です。うろ覚えでも大…

本屋ねこ

本屋のねこはマイペース。 『ほんやねこ』石川えりこ/作、講談社本屋のねこが窓を閉め忘れて出かけてしまったある日の夕暮れ。 窓から強い風が入りこみ、本の中から物語の登場人物たちを窓の外へ吹き飛ばしてしまいました。何も知らずに散歩していた本屋の…

バレエねこ

くるっとまわれ。 『バレエのおけいこ』石津ちひろ/文、庄野ナホコ/絵、ブロンズ新社バレエ教室に通いはじめた黒猫のミイさん。 おけいこは楽しいけれど、ピルエットがちっともうまくまわれません。 そんなある夜、ぬいぐるみのクマ先生がおけいこをつけて…

オシャレ

キレイだね。 『おしゃれねこ』工藤直子/ぶん、小沢良吉/え、サンリードおしゃれが好きなおしゃれねこ。 街のみんなは褒めてくれるのだけど、ぼさねこは「よっ」と言うだけ。 ぼさねこに褒めてもらいたいおしゃれねこ。 とびきりのおしゃれをするために、…

チリとチリリとおどる猫

ねこのお祭り。 『チリとチリリ よるのおはなし』どいかや/作、アリス館チリとチリリはおはやしの音に誘われて、自転車で出かけていきます。 黒猫のドリンクスタンドでおつきみドリンクを飲みました。 すると・・・。どいかやさんのチリとチリリシリーズ。 …

見ている世界がすべてじゃない

隣にいること。 『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』川内有緒/著、集英社インターナショナル全盲の白鳥建二さんとアート作品を鑑賞する。 見えない人と見るからこそ、見えてくるもの。川内さんが描くノンフィクション作品の魅力のひとつは、川内さ…

狼のうた

ともに生きたい。 『オオカミのうた』ポール&ドロシー・ゴーブル/作、大中弥生子/訳、ほるぷ出版探検に出て道に迷ったインディアンの子ども達と、ハイイロオオカミの物語。細やかで繊細で、平面的にデザインされながらも躍動感のある絵。 不思議な魅力あ…

猫とワルツを

おどろう、ワルツを。 『ルビと子ねこのワルツ』野中柊/作、 松本圭以子/絵、講談社本屋さんのかたすみで、本に積もったほこりから生まれた子ねこのルビ。 ここのところ毎日、お気に入りの本を読みにきていた黒ねこのマック・ロウが急に姿を見せなくなり、…

ハロウィン

星座をぬけて。 『 ハロウィーンの星めぐり 夜に飛ぶものたち』ウォルター・デ・ラ・メア/詩、カロリーナ・ラベイ/絵、海後礼子/訳、岩崎書店子どもたちが、トリック・オア・トリートにでかけるころ。 夜空には、星がいっぱい…そして、魔女もいっぱいです…

怪物

どこいくの? 『怪物園』Junaida/著、福音館書店怪物園は、はるかいにしえの時代から、たくさんの怪物たちをのせて、長い長い旅を続けていました。 ある静かな夜、怪物園がうとうと居眠りしたすきに、開け放しの玄関から怪物たちが外の世界へと抜け出しまし…

世界は君のもの

そのとおり。 『世界は猫のもの』エムディエヌコーポレーション家のなかで、窓辺で、街角で。 世界中の、きままで自由な猫たちの写真集。いろんな時代の、たくさんの写真家たちがカメラにおさめてきた猫の姿。 いつでも猫は気高く美しい。 そして、愛らしい…

おどるうたう

踊って歌って。 『おどるネコうたうネコ』沖昌之/著、KADOKAWA踊る猫に、歌う猫。 人気の猫写真家、沖さんの写真集。決定的瞬間!踊っているようにしか見えないし、これはもう、まさに歌ってる。猫の愛らしい瞬間を切り取らせたらピカイチの猫写真家、沖昌…

おどろう

犬と一緒に。 『ぼくとおどりませんか』エズラ・ジャック・キーツ/作、西園寺祥子/訳、ほるぷ出版もしもしー、ぼくといっしょにおどりませんか? 猫が犬に声をかけて、2匹のおどりがはじまります。色とりどりの衣裳を身にまとい、世界中のおどりを踊る犬と…

抹茶カフェ

だれもが主人公。 『月曜日の抹茶カフェ』青山美智子/著、宝島社川沿いの桜並木のそばに佇む喫茶店「マーブル・カフェ」。 定休日の月曜日に1度だけ「抹茶カフェ」を開いたところから、人々のご縁がつながってー。 一杯の抹茶からはじまる、東京と京都をめ…