ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、保護猫5匹と暮らしています。本屋さんになるための修行中。

雪のように白い猫

甘くてせつない猫の片思い。 『雪猫』大山淳子/著、講談社子猫の時にごみ袋に捨てられていたところを助けてくれた理々子。 だからぼくは理々子が何より大切なんだ。 理々子がピンチの時に、人間の姿に変身できる力を手に入れた白猫タマオ。でもそれは夜だけ…

うちのこ。

あぶない。 投稿忘れそうでした…。 困った時のうちのこ。黒猫モロ。夜は私のベッドで、私の隣りで、布団から頭だけ出して、まるで人間みたいな格好で眠ります。枕はゆずりませんよ。

ぼくの場所をとりもどす!

ペンギンも大好きなのです。 『ぼくのばしょなのに』刀根里衣/著、NHK出版パパとママのおなかの下がお気に入りのククー。 でもある日、自分だけのものと思っていたその大好きな場所が、たまごにとられてしまいます。 お気に入りの場所を取り戻すために、…

雨にも風にも

『雨ニモマケズ』宮沢賢治/文、アーサー・ビナード/英訳、山村浩二/絵、今人舎宮沢賢治の有名な詩「雨ニモマケズ」をアーサー・ビナードが英訳し、山村浩二さんが絵を描いた絵本。 日本語と英語が併記されています。宮沢賢治の言葉も、英語になるとちょっ…

ワッフル

ワニの秘密に迫ります。 『ワニのワッフルケーキやさんワニッフル』谷口智則/作、アリス館ワニのワッフルケーキ屋さん。 好きな食べ物を、なんでもワッフルケーキにしてくれます。 でも、作っているところは絶対に見せてくれなくて…。これはお客さまにおす…

天才の小説

11巻まで発売中のコミックです。 『響 小説家になる方法』柳本光晴/著、小学館芥川賞と直木賞をW受賞するほどの天才高校生、響の物語。 キャラクターも話の展開も、目がはなせなくなるおもしろさです。 「これはすごいよ」と薦められて読み始め、まんまとハ…

猫はネコ。

ねこです! 『ねこです。』北村裕花/作、講談社もうね、シンプルに猫の絵本。 猫の絵本といえばこれ、って言いたくなる。 そんな潔いくらいに猫の絵本です。鮮やかな色合い、大胆なフォルム。 丸っこくてやわらかい猫の魅力がたっぷりと描かれています。猫…

白と黒の舞い

大型の迫力。 『ものがたり白鳥の湖』ガブリエル・パチェコ/絵、ものがたり白鳥の湖編集室/文 、エディション・エフバレエでお馴染みの「白鳥の湖」の絵本です。 音楽や踊りは有名ですが、お話の筋となると、知っているようでちゃんとは知らない人もけっこ…

つむじ風

クラフト・エヴィング商會の吉田さんの本。 『つむじ風食堂の夜』吉田篤弘/著、筑摩書房タイトルにひかれて手にした本。 クラフト・エヴィング商會の世界観が好きです。 シンプルだけどかっこいい。実はこの本を読んだのはだいぶ昔で、一度手放したのですが…

思い出を縫い上げる

賢治じゃないですよ。 『ヤマネコ毛布』山福朱実/作・画、復刊ドットコム森を出ることに決めたヤマネコのために、森の仲間たちが布と糸を使って思い出を縫い上げた毛布をつくります。楽しかったこと、腹立たしかったこと、思い出の中身はそれぞれ。 いいこ…

うちのこ。

久々にうちのこ。 アゴのせスタイル。

ギフト

贈り物のような本。 『本を贈る』三輪舎本をつくり、本を届ける10人がそれぞれに綴った言葉を集めました。いろいろな人の手を経て本はつくられ、私たちの手に届きます。 装丁家、校正、出版社、印刷会社、本屋…。 1冊の本が手元に届くことはまるで奇跡のよう…

本を売る

イタリアの本屋を知る。 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』内田洋子/著、方丈社ヴェネチアの古書店からはじまる、イタリアの小さな村モンテレッジォの本を売る行商人たちの物語。最初からぐいぐい引き込まれて、所々に差し込まれた写真に心動…

黒猫といっしょ

猫と一緒に空を飛ぶ。 『魔女の宅急便』角野栄子/著、角川書店スタジオジブリの映画は、何度も繰り返し観ました。 小説を読んだのは中学生の頃。 黄色とオレンジ色の鮮やかな装丁が印象的でした。文庫本が出ているのを知って、再読のために購入しました。 …

おとこの一生

味わい深い。 『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン/さく・え、ほんだきんいちろう/やく、篠崎書林現在本屋さんで入手できるのは、あすなろ書房から出版されている村上春樹訳の絵本ですが、私が紹介するのは絶版となってしまった、本田錦一郎訳の絵本で…

お正月

まだ1月なのでこの本を紹介したい。 『お正月がやってくる』秋山とも子/作・絵、ポプラ社秋山とも子さんの絵本は、丁寧な取材を積み重ねて作られています。 だから、描かれる世界はとても緻密で、生き生きとしています。1月5日、ジュンク堂書店池袋店で、こ…

エール

からだの中からあたたまる。 『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下奈都/著、集英社結婚式直前に婚約を解消された明日羽(あすわ)。 どん底の彼女に叔母のロッカさんが提案したのは、“やりたいことリスト"の作成でした。丁寧な描写で紡がれる、じんわりと心に…

ギュスターヴ

おまえはネコかい? 『ギュスターヴくん』ヒグチユウコ/著、白泉社ヒグチユウコさんのキャラクターの中でも異彩を放つ存在、ギュスターヴくん。 頭はネコで、足はタコ、手はヘビという不思議な生き物。 いたずら好きで、いきなり10匹に増えてやりたい放題。…

読書会@ネコオドル

1月13日、ネコオドルで読書会を開催しました。 寄居読書会の第7回目です。課題本は太宰治『富嶽百景』 参加者は6名。『富嶽百景』は太宰治が美知子夫人とお見合いをして婚約をした頃を描いた私小説。師と仰ぐ井伏鱒二に勧められて訪れた御坂峠の茶店に数ヶ月…

みすゞの詩

こころにしみる詩。 『わたしと小鳥とすずと 金子みすゞ童謡集』金子みすゞ/著、矢崎節夫/選、ジュラ出版局高校生の頃、学校の図書室には1冊のノートがありました。 生徒たちと司書の先生の交換ノート。「こんな本がほしい」とか「いつもありがとう」とか…

素敵な空の旅を

つばめの飛行機、飛びます。 『つばめこうくう』もとやすけいじ/著、佼成出版社南の島へ旅行にいくカエルの親子。 つばめこうくうで飛行機に乗ります。 素敵な空の旅がはじまります。つばめこうくうでは、いろいろな虫たちが働いています。 つばめこうくう…

究極のエンターテイメント!

日本が未確認生物に襲われた…! 『海の底』有川浩/著、角川書店学校図書館に勤めていた時に出会った作家、有川浩さん。 はじめて読んだのは『図書館戦争』で、そのあまりの面白さに衝撃を受けました。 小説はエンターテイメントだ! それを学んだのは、有川…

いそがしい

猫だっていろいろあるの。 『ねこはまいにちいそがしい』ジョー・ウィリアムソン/作・絵、いちだいづみ/訳、徳間書店猫に声をかけると、「うるさいなあ」みたいな目線を向けてきたり、耳や尻尾だけで返事したり、なんだかつれない反応がかえってくることが…

ときめく輝き

キラキラしたものが好きな子どもでした。 『ときめく鉱物図鑑』宮脇律郎/監修、山と溪谷社/編、山と溪谷社山と渓谷社のこのときめく図鑑シリーズが大好きです。 なかでもこの鉱物図鑑は、ネコオドルでも人気がある1冊。ネコオドルでは地元にゆかりがある作…

おひさまのにおい

ほんわかあったかい。 『陽だまりの彼女』越谷オサム/著、新潮社十年ぶりに再会した幼なじみの彼女。 素敵な女性に変身していた彼女には、秘密があって…。おすすめされて読んだ本。 「前代未聞のハッピーエンド」「完全無欠の恋愛小説」などと紹介されてい…

はやく帰ってきてね

ママと子どものせかい。 『ゆきがやんだら』酒井駒子/作・絵、学研雪が降って、園はお休み。 外で遊びたいけど、風邪をひくからダメだってママは言う。 遠くで仕事してるパパは、雪のせいで今日は帰って来られないって。 夜になると雪がやんだから、ちょっ…

服を買わない

究極のシンプルライフ。 『服を10年買わないって決めてみました』どいかや/著、白泉社絵本作家であり愛猫家であるどいかやさん。 自然に囲まれて暮らすその生き方に、私はずっと憧れを抱いています。 そのどいかやさんが10年間服を買わないで生活してきた実…

猫に帽子

新年最初の紹介は可愛すぎる猫の本。 『世界でいちばん愛らしい帽子ねこ』サラ・トーマス/著、 佐藤美穂/訳、エクスナレッジ猫に帽子って、いる!? うちのこは帽子どころか、服も、靴下も着ていません。 首輪をしているのも、5ぶんの2ひきだけ。 猫に帽子…

新年

明けましておめでとうございます。 猫とこたつで丸くなるお正月でした。昨年は「ブログをはじめる」という課題をいただき。 ゆるやかながら続けてまいりました。 今年もゆるーく、綴っていきたいと思います。このブログでは、リアルタイムに読了した本ではな…

ネコオドル、5ヶ月を振り返る。

ネコオドル、5ヶ月。 年末なので、ちょっと振り返ったりしてみたいと思います。 ロゴマークが出来たのは11月になってからでした。 じっくりと待ったかいあって、お気に入りの踊る猫です。レンタルスペース施設内のチャレンジショップスペースにあるのが、い…