ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、保護猫5匹と暮らしています。本屋さんになるための修行中。

絵本

ぼくの場所をとりもどす!

ペンギンも大好きなのです。 『ぼくのばしょなのに』刀根里衣/著、NHK出版パパとママのおなかの下がお気に入りのククー。 でもある日、自分だけのものと思っていたその大好きな場所が、たまごにとられてしまいます。 お気に入りの場所を取り戻すために、…

雨にも風にも

『雨ニモマケズ』宮沢賢治/文、アーサー・ビナード/英訳、山村浩二/絵、今人舎宮沢賢治の有名な詩「雨ニモマケズ」をアーサー・ビナードが英訳し、山村浩二さんが絵を描いた絵本。 日本語と英語が併記されています。宮沢賢治の言葉も、英語になるとちょっ…

ワッフル

ワニの秘密に迫ります。 『ワニのワッフルケーキやさんワニッフル』谷口智則/作、アリス館ワニのワッフルケーキ屋さん。 好きな食べ物を、なんでもワッフルケーキにしてくれます。 でも、作っているところは絶対に見せてくれなくて…。これはお客さまにおす…

猫はネコ。

ねこです! 『ねこです。』北村裕花/作、講談社もうね、シンプルに猫の絵本。 猫の絵本といえばこれ、って言いたくなる。 そんな潔いくらいに猫の絵本です。鮮やかな色合い、大胆なフォルム。 丸っこくてやわらかい猫の魅力がたっぷりと描かれています。猫…

白と黒の舞い

大型の迫力。 『ものがたり白鳥の湖』ガブリエル・パチェコ/絵、ものがたり白鳥の湖編集室/文 、エディション・エフバレエでお馴染みの「白鳥の湖」の絵本です。 音楽や踊りは有名ですが、お話の筋となると、知っているようでちゃんとは知らない人もけっこ…

思い出を縫い上げる

賢治じゃないですよ。 『ヤマネコ毛布』山福朱実/作・画、復刊ドットコム森を出ることに決めたヤマネコのために、森の仲間たちが布と糸を使って思い出を縫い上げた毛布をつくります。楽しかったこと、腹立たしかったこと、思い出の中身はそれぞれ。 いいこ…

おとこの一生

味わい深い。 『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン/さく・え、ほんだきんいちろう/やく、篠崎書林現在本屋さんで入手できるのは、あすなろ書房から出版されている村上春樹訳の絵本ですが、私が紹介するのは絶版となってしまった、本田錦一郎訳の絵本で…

お正月

まだ1月なのでこの本を紹介したい。 『お正月がやってくる』秋山とも子/作・絵、ポプラ社秋山とも子さんの絵本は、丁寧な取材を積み重ねて作られています。 だから、描かれる世界はとても緻密で、生き生きとしています。1月5日、ジュンク堂書店池袋店で、こ…

ギュスターヴ

おまえはネコかい? 『ギュスターヴくん』ヒグチユウコ/著、白泉社ヒグチユウコさんのキャラクターの中でも異彩を放つ存在、ギュスターヴくん。 頭はネコで、足はタコ、手はヘビという不思議な生き物。 いたずら好きで、いきなり10匹に増えてやりたい放題。…

素敵な空の旅を

つばめの飛行機、飛びます。 『つばめこうくう』もとやすけいじ/著、佼成出版社南の島へ旅行にいくカエルの親子。 つばめこうくうで飛行機に乗ります。 素敵な空の旅がはじまります。つばめこうくうでは、いろいろな虫たちが働いています。 つばめこうくう…

いそがしい

猫だっていろいろあるの。 『ねこはまいにちいそがしい』ジョー・ウィリアムソン/作・絵、いちだいづみ/訳、徳間書店猫に声をかけると、「うるさいなあ」みたいな目線を向けてきたり、耳や尻尾だけで返事したり、なんだかつれない反応がかえってくることが…

はやく帰ってきてね

ママと子どものせかい。 『ゆきがやんだら』酒井駒子/作・絵、学研雪が降って、園はお休み。 外で遊びたいけど、風邪をひくからダメだってママは言う。 遠くで仕事してるパパは、雪のせいで今日は帰って来られないって。 夜になると雪がやんだから、ちょっ…

大きくなあれ

ぐりとぐらの黄金コンビ。 『そらいろのたね』中川李枝子/さく、大村百合子/え、福音館書店ゆうじは、飛行機のおもちゃと、きつねの持っていたそらいろのたねを交換しました。 たねを植えて水をあげると、そらいろの家がでてきました。 家はどんどん大きく…

お客さま

『黒ねこのおきゃくさま』ルース・エインズワース/作、山内ふじ江/絵、荒このみ/訳、福音館書店 冬の嵐の晩に、おじいさんの家に1匹の黒猫がやってきます。 びしょぬれで痩せ細った猫に、おじいさんはミルクもパンもすべてあげて、とっておきのお肉まで…

スイッチオン!

クリスマスの夜の電気屋さん。 『ねこのでんきやスイッチオン』渡辺有一/作、フレーベル館クリスマスの夜、とらねこ一家はツリーの飾りつけをしています。 すると突然雷が落ちて、まちが大停電に。 電気屋さんのとらねことうさん、出動します!イルミネーシ…

空飛ぶうきわ

夏の海水浴とは関係ありません。 『うきわねこ』蜂飼耳/ぶん、牧野千穂/え、ブロンズ新社子猫のえびおが誕生日プレゼントにもらったのは、魔法のうきわでした。 満月の夜、えびおの冒険の物語。泳ぐのは海ではなくて、真夜中の満月の空をぷかぷかと浮くん…

本屋の猫になりたい

安定感半端ない女主人、登場です。 『ほんやのねこ』ヒグチユウコ/絵と文、白泉社『せかいいちのねこ』のシリーズ第3弾は、ほんやのねこです。 ひとくせあるお客さんたちに、本屋の主人はそれぞれにぴったりの本をおすすめします。猫好きの本屋好きにはた…

ねこおどる!

土曜日の夜にはじまるダンスパーティ。 『なんびきのねこたちおどる?』キャロライン・スタットソン/文、ジョン・クラッセン/絵、いわじょうよしひと/訳、犀の工房土曜日の夜、路地裏に集まる猫たち。 2匹、4匹、6匹と増えていって、ダンスパーティがはじ…

ターシャのクリスマス

ターシャみたいなおばあさんになりたい。 『クリスマスのまえのばん』ターシャ・テューダー/絵、クレメント・ムア/詩、中村妙子/訳 、偕成社ターシャが描いた、クリスマス絵本。 ただただ美しいです。 大人にこそおすすめしたくなる1冊です。ターシャの庭…

魔法のけいと

やっぱり冬には絵本が似合いますね。 『アナベルとふしぎなけいと』マック・バーネット/文、ジョン・クラッセン/絵、なかがわちひろ/訳、あすなろ書房 編んでも編んでもなくならない、ふしぎな毛糸。 町中のみんなの服を編んでも、毛糸はなくなりません。…

ゆきだるま

日本の初版では『ゆきだるま』というタイトルでした。 『スノーマン』レイモンド・ブリッグズ /作・絵、評論社子どもの頃アニメーションの「スノーマン」が好きで、絵本があるのを知ったのはだいぶあとでした。アニメも絵本も、言葉のない世界。 コマ割りで…

水でできている

ちょっと不気味な雰囲気。 『水おとこのいるところ』イーヴォ・ロザーティ/作、ガブリエル・パチェコ/絵、田中桂子/訳 、岩崎書店蛇口からうまれた水おとこ。 あたりをじめじめと水だらけにしてしまったり、人とは違うことで人々から疎まれ、追われてしま…

てぶくろのなか

12月になりました。 『てぶくろ』エウゲーニー・M・ラチョフ/え、うちだりさこ/やく 、福音館書店ウクライナ民話です。 言わずと知れた、名作絵本。 誰もが一度は読んでもらったことがあるのではないでしょうか。てぶくろの中はどうなってるの?と、すご…

家の見る景色

名作絵本です。 『ちいさいおうち』ばーじにあ・りー・ばーとん/ぶん・え、いしいももこ/やく 、岩波書店私が住む家のまわりも、昔とはだいぶ景色が変わりました。 がらっと変わるのではなく、少しずつ少しずつ変わっていくので、元の景色がどんなだったか…

月とおさんぽ

フランスで愛されてきた名作絵本です。 『こねことおつきさま』アルベルティーヌ・ドゥルタイユ/作・絵、ふしみみさを/訳 、徳間書店やんちゃな子猫が、満月の夜にお散歩にでかけると、月が追いかけてきます。 月と一緒に遊びながらどんどん進んでいくと……

相棒

何度でも言いますが、犬も大好きです。 『わたしのそばできいていて』リサ・パップ/作、菊田まりこ/訳、WAVE出版 字を読むのが嫌いなマディ。だってうまく読めないから。 ある日ママと行った図書館には犬のボニーがいて、マディが本を読むのを笑わずに聞い…

赤いてぶくろ

木枯らし、吹きませんね。 『てぶくろがいっぱい』 フローレンス・スロボドキン/文、 ルイス・スロボドキン/絵、偕成社寒くなってきたので、この季節にぴったりな絵本を。赤い手袋の片方をなくしてしまった双子の男の子。 するとみんなが落とし物の手袋を…

夜になると

人間の知らないできごと。 『はくぶつかんのよる』イザベル・シムレール/文・絵、石津ちひろ/訳、岩波書店 『あおのじかん』のシムレールの絵本。 美しく繊細な色合いに目を奪われます。みんなが眠りについた夜の時間、博物館の展示品やおもちゃ箱の人形が…

寄り添うだけで

猫はそこにいるだけで癒やしです。 『ねこの看護師 ラディ』 渕上サトリーノ/文、上杉忠弘/絵、講談社弱り痩せ細った黒猫ラディは、助けられた動物保護施設で、奇跡的な回復をみせます。 するとラディは、施設に運び込まれてくる、ケガや病気で弱った様々…

妹の逆襲

私は妹なので、姉妹を描いた本は大好きです。 『いもうとかいぎ』石黒亜矢子/作、ビリケン出版姉に虐げられている(?)妹たちが集まって、姉を反省させるための作戦会議を開きます。 いろんな意見が出てきますが、どんどん過激になってきて…。私自身は、姉…