ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

うちのこ

今日もうちのこ紹介。

f:id:nekoodoruneko:20200222122655j:plain
ポンタ、14歳。母さび猫の枕になってます。

母さび猫といっしょで元野良猫、うちのこになるまで、誰よりも時間がかかりました。

今でも、ときどきダァー!と逃げる。
立ってる人間は怖いみたいです。

お店に来る日は訪れるのか。

会える確率今のところ0%。

うちのこ

あらためて、うちのこ紹介。

f:id:nekoodoruneko:20200219210703j:plain
もろ、6歳になります。

お店の看板猫。

お店にいるだけでお客さまから「いいこね」「かわいいね」と言ってもらえるので、最近のもろは自信に満ちています。

会える確率80%。

ノラやい

おかしくて愛しい。

f:id:nekoodoruneko:20200125124355j:plain
ノラや内田百間/著、中央公論新社

老先生と猫の、愉快で愛に満ちたお話。
言わずと知れた、猫本の名作です。

新装版が可愛くてつい手にとってしまいました。
私が最初に読んだときの本は、表紙はイラストだった気がします。

何度も版を重ねて読まれている猫本。
猫好き必読の書ですね。

チョコレート

チョコレート大好きです。

f:id:nekoodoruneko:20200201130321j:plain
モカとつくるホットチョコレート』刀根里衣/著、NHK出版

モカといっしょに、ホットチョコレートつくりませんか。

寒い日にはホットチョコレート
この絵本はそのまま、ホットチョコレートのレシピになっています。

チョコレートはそのままかじりつくのもいいですが、
ひと手間くわえると、こんなにしあわせなドリンクができるんですね。

手のひらサイズで、チョコレートの表紙がかわいい。
バレンタインデーに選びたくなる絵本です。

食べたらなくなっちゃうチョコの代わりに、こんな可愛い絵本のプレゼントはいかがでしょうか。

ぎんちゃん

猫と暮らせばそこにあるもの。

f:id:nekoodoruneko:20200111143719j:plain
『ぎんちゃんとわたし』大山美鈴/著、幻冬舎

猫のぎんちゃんとわたしのしあわせな日々を綴ったコミックエッセイ。

なにげないことが本当にしあわせ。
頭こつんこしてくれたり、名前を呼ぶとお返事してくれたり。
別に特別なことじゃなくていつものことなんだけど、そのしぐさにやっぱり今日も「かわいいね~」と言ってしまう。

その気持ち、わかる。
猫飼いさんには共感ポイント高いと思います。

猫と暮らすと、毎日に小さなしあわせがあふれてる。
そんな小さなしあわせをギュッと集めた、しあわせ猫エッセイです。