ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

17歳の物語

猫も登場します。

f:id:nekoodoruneko:20190526163223j:plain
『いつか記憶からこぼれおちるとしても』江國香織/著、朝日新聞社

17歳。
ちょっと裕福な家庭で育った、私立の女子高に通う女子高校生たち。
彼女たちの、少しずつ重なりあう6つの短編集です。

江國香織さんの描く少女たちは、とても魅力的。
純粋で、繊細で、残酷で、容赦ない。

大人や友人や、テストや席替えやボーイフレンドに、振り回されないようにふるまいながら、自分らしくいられているのか確かな自信はない。そんな揺れ動く17歳の少女たちに、エールを送りたくなります。

大丈夫。そのままで。

学生の頃、席替えが一大事だったことを思い出しました。
学生って、ままならないことのほうが多いけど、大人よりもはるかに自由だと思います。
想像の域を超えないことが多いほど、想像の中でどこまでも羽ばたくことができるから。
限界を知ってしまった大人はとても不自由です。

自分は誰かの幸福であると同時に、哀しみでもある。

そんなことを感じながら読みました。

それって、幸せなことですよね。

かつての17歳の少女たちへ。
いつか記憶からこぼれ落ちてしまったかもしれない、切なくてしあわせな物語集です。