ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

十二の国

強さと賢さ。

f:id:nekoodoruneko:20190511111155j:plain
『図南の翼』小野不由美/著、新潮社

十二国記を夢中で読んでいます。
もうすぐシリーズを読み終えてしまいそうで、ロスになりそう。

『図南の翼』は、シリーズ6作目。
表紙を見たらわかるように、気の強い女の子が主人公。
先王がたおれて27年、王不在のままで治安が乱れていた恭国。王の現れない国の現状を放っておけず、12歳の少女珠晶は自ら蓬山を目指すことに。麒麟は珠晶を王として選ぶのか?

一番好きな作品です。
私は強い女性の物語が好きなので、ジブリ映画でも「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」が好き。

自ら未来を切り開いていく勇気と、その生命力に憧れます。

珠晶は賢いので、そんなところもいいですね。
スパッと世の中を斬る言葉の数々が、読んでいて気持ちいい。
12歳の少女に、もう平伏です。

陽子も好きですが、「元々は虫も殺せないような女子高生だったのに…」と思うと、王となるために受入れた運命の過酷さを思うと、その強さにどこか哀れを感じてしまいます。

ああ、十二国記を誰かと語りたい!

シリーズの新作、10月から全4巻で発売されることが決まりましたね。
楽しみです!