ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

パリで生きる

この場所で。

f:id:nekoodoruneko:20210425130040j:plain
『パリでメシを食う。』川内有緒/著、幻冬舎

パリに住み働く10人の日本人の生き方。
丁寧な取材をもとに綴られたルポルタージュです。

海外の地で職を得て暮らしていくことは、きっと想像以上に生きる力の強さが必要だ。

料理人、漫画喫茶の店主、スタイリスト、カメラマンなど職種は様々で、決して成功しているわけではなく、まだまだ道の途中、今いる場所が到達点ではない。

たまたま、いま、パリにいる。

そんな軽やかな空気が感じられます。

自分探しにパリに行くと潰されて帰ってくる、と、大学で仏文学を学んでいた頃によく聞かされていました。

自分自身を持っていないと暮らしていけない場所。

この本を読んでそのイメージが完全に覆ることはなかったけれど、でもパリの優しさにも触れることができて、なんだか嬉しかった。
思っていたよりパリって懐広いんじゃん。

単なる成功体験談より多くのことが得られる本。
日本に縛られている心が、少しだけ解放された気がします。