ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

あなたの海

青く澄んだ生命の海。

f:id:nekoodoruneko:20210118155910j:plain
『海をあげる』上間陽子/著、筑摩書房

年若い母親に寄り添い耳を傾ける。
愛しい娘の成長を感じる。
沖縄の人が生きている中で直面している問題をまっすぐに見つめる。
体の奥底からあふれでる言葉の力を感じるエッセイ集。

『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』の著者による初のエッセイ。

そう、これはエッセイです。

エッセイなのに、すごい力がある。

ノンフィクションとかドキュメンタリーとかルポルタージュとかではない、「エッセイ」とうたわれている本でここまで心を持って行かれるとは。

まだ未読の『裸足で逃げる』、とても読みたくなったけれど、相当の覚悟を決めてから手に取らないといけないなと思います。

「海をあげる」の意味は、最後まで読むとわかります。

いろいろな感じ方があると思います。
それもまた理不尽だと感じるのも、間違っていないでしょう。

でも、それを受け取った今、私はもう他人事だなんて言えないのです。

たくさんの人に読んでほしい、日本で暮らすすべての人の魂に訴える本。