ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

10ねこ

本当に10匹なのか。

f:id:nekoodoruneko:20210222121234j:plain
『ねこねこ10ぴきのねこ』マーティン・レーマン/さく、ほしかわなつこ/やく、童話館出版

1匹目のねこは、わたしです。

ページをめくると、次々と猫たちがごあいさつ。
10匹のいろんな猫にであえます。

丸っこいフォルムの独特な絵がクセになる、マーティン・レーマンの猫絵本。
ほるぷ出版では、しろたのぼる訳『こねこ ねこねこ』として出版されていたようです。
「10ぴきのねこ」とあった方がぴったりな感じがします。

なにより見返しのデザインが素敵。
このデザインでいろいろ作ってほしいと思うほど、まず見返しのページでにんまりして手が止まってしまいます。

不思議な魅力のある絵本です。