ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

3ねこ

何色にでもなれる。

f:id:nekoodoruneko:20210222120734j:plain
『三びきのこねこ』ヴラジーミル・ステーエフ/ぶん、ジュリオ・マエストロ/え、さがのやよい/やく、童話館出版

黒、灰色、白の、3匹の子猫。
ねずみを追いかけて粉の缶に入ったら、真っ白の3匹になっちゃった。

いろんなものを追いかけて、子猫たちは黒色になったり、灰色になったり。
やんちゃで遊び盛りの子猫たちを描いた、可愛らしいお話です。

3匹の目の色が違うので、同じ色になっても見分けがつくのが面白い。
「この子は本当は白猫だね」と、子どもと一緒に楽しみながら読むことができます。

今は絶版みたいですが、とてもいい絵本だと思います。