ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

と思いきや

異世界への入り口はやっぱりそこ。

f:id:nekoodoruneko:20200919130300j:plain
『ねこはるすばん』町田尚子/作、ほるぷ出版

ねこは、るすばん。とおもいきや…?
人間の知らない、ねこの意外ないちめん。

『ネコヅメのよる』で大好きになった町田尚子さんの新作猫絵本です。

町田さんの絵本の何がいいって、まず表紙がいい。
どの絵本も、表紙の猫の表情がすばらしいんです。
表紙だけでこんなにうったえてくる猫はなかなかいませんよ。
手に取らずにいられる猫好きはいないと思います。

この『ねこはるすばん』も、この表情ですよ。
金色の目に吸い込まれそうだし、もの言いたげな口もと、ピンクの鼻はちょんっと突かずにはいられません。

『ネコヅメのよる』は人間の知らない「夜の世界」でしたが、今回は人間の知らない「留守番の世界」。

猫って、人間の知らない世界をいくつ持っているのでしょう。
人間が見ていないから現れるその世界、私には「見られない」から存在する世界。
見てみたい!

ユーモアたっぷりの猫絵本。
最後のページの猫の表情がとてもいいです。