ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

シェイクスピア

伝説の本屋さん。

f:id:nekoodoruneko:20200629141443j:plain
シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』ジェレミー・マーサー/著、市川恵里/訳、河出書房新社

パリ・左岸にある伝説のシェイクスピア&カンパニー書店に偶然住みつくこととなった、カナダから来た元新聞記者による回想記。

これほど裏切られた本はないかもしれません。
最初にこの本を見たとき、表紙の絵の素朴さ、さわやかな色使い、タイトルには「書店の優しき日々」とあることで、おだやかで温かみに満ちた書店エッセイかと思ったのです。

しかし読んでみると、なんともハード!
おだやかさとも、さわやかさとも、真逆の世界でした。
こんな本屋があったとは。

まさに奇跡の書店の物語。
海外の伝説的な書店について書かれた本はいろいろ読みましたが、どれを読んでも感じることは、「書店をすることは、信じる道を生きること」であるということ。

書店の可能性は無限大だと気づかせてくれる1冊です。