ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

小さくて豊かな絵本

子どもの世界へようこそ。

f:id:nekoodoruneko:20190317160512j:plain
『ちょうちょのためにドアをあけよう』ルース・クラウス/文、モーリス・センダック/絵、木坂涼/訳、岩波書店

ちいさな子どもによる、ちいさな子どもへのアドバイス
「こんなときはこうするといいよ」
「こんなときはこう言うといいよ」

とにかくかわいい。
リズミカルな言葉が心地よく、センダックのチャーミングな絵が子どもの世界を愛情深く描きだします。
微笑ましい子どもの世界をこっそりのぞき見るような気分になります。

子どもに読んであげるのもよし、大人が楽しむのもよし。
小さなサイズなので、そっとバッグに忍ばせて。
原っぱに寝そべって青空の下で読みたくなる絵本です。