ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

猫と暮らす

ともに生きる。

f:id:nekoodoruneko:20210502123123j:plain
『命とられるわけじゃない』村山由佳/著、ホーム社

愛猫もみじを看取ってから1年。
確執があった母との永遠お別れ。
それは、1匹の猫との出会いの時でもありました。

猫たちと暮らす村山由佳さんのエッセイ。

もみじとのお別れも、お絹さんとの出会いも、Twitterを見て知っていたので、まるで親戚のおうちのことが本になったかのような感覚。

出会った時から妊婦さんだったお絹さん。
出産と、生まれてきた子どもたちのこと。

すべてが愛おしく、親戚のおばちゃん目線でうるうるしながら読みました。

命に代わりはいない。

今までに見送ってきた猫たち。
これから出会う猫たち。
いま一緒に暮らしている猫たち。

何匹いようと、どれだけ似ていようと、代わりにはならない。

私もそれを確かに知っています。

一緒に生きるということ。
それは、猫でも人でも変わらず、尊くかけがえのないことです。