ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

烏外伝

垣間見る。

f:id:nekoodoruneko:20210502133722j:plain
『烏百花 白百合の章』阿部智里/著、文藝春秋

八咫烏シリーズ人気キャラクターたちの秘められた過去や、知られざる思い。
本編では描かれることのなかった珠玉のエピソード。

本編も第2章がはじまったばかりで続きがとっても気になるのですが、その前にこの外伝。

狡猾さや腹黒さをちらっと見せて、ちょっと嫌な気持ちにさせるのが巧い。
知りたくなかったー!と思わせる、登場人物たちの影の部分。
でも嫌いになれないのだから、もうどっぷりハマっているのです。

それとは反対に、とても清らかで純粋でまっすぐなお話もある。

私のお気に入りは「ちはやのだんまり」。
掛け合いも面白く、めずらしくコメディ要素があって楽しいお話。

これを読んだら、またシリーズを読み返したくなりました。
いつもいつも、もう一度読みたいと思っている八咫烏シリーズ。

新しい本を読むのに忙しくてなかなか再読の時間が持てないのですが、再読するならこれ!と決めています。

それから早幾年…。

読む本には困らない星の下に生まれたようです。