ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

レモンの島で

思い出のおやつ。

f:id:nekoodoruneko:20201214155150j:plain
『ライオンのおやつ』小川糸/著、ポプラ社

若くして余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。
そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった。

なぜかレモンに惹かれるものがあって、いつか行ってみたいと思っていた場所が瀬戸内のしまなみ海道
そんな瀬戸内のレモン島が舞台の小説です。

33歳の若さで余命宣告され、ホスピス暮らしを選んだ主人公。
想像しきれないものがあります。

でもその暮らしは、美味しいものと楽しみがいっぱいで、光に満ちたおだやかなものでした。

結末はどうしたって悲しみの色を帯びてしまう。
最初からわかっていたけど、やっぱり、何度も涙ぐみながら読みました。

ぽっかりと穴があいたような虚無感に、あたたかく優しい気持ちが満ちてくる物語です。