ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

街を変える

街と本屋。

f:id:nekoodoruneko:20191112131039j:plain
『街を変える小さな店』堀部篤史/著、京阪神エルマガジン社

京都の個性的な個人店を取材した本。

当時の恵文社一乗寺店店長による、街のなかで小さなお店を続けていくためのヒントが詰まった1冊です。

著者の堀部さんは、現在は誠光社の店主さん。
本屋好きで知らぬ人はいないでしょう。

数年前に京都に行った時、誠光社さんでこの本を購入しました。
ここで買おう!と決めていました。
ご自身が書いた本、積み上げているかと思っていたら、1冊だけ棚に差してあって、その控えめなところがまた素敵だなぁと思ったことが印象に残っています。

小さなお店が街を変える。

街のなかでどんな存在になれるか。

小さな本屋さん必読の書です。