ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

よるくま

くまのこが来たんだよ。

f:id:nekoodoruneko:20191104123202j:plain
『よるくま』酒井駒子/作・絵、偕成社

夜中にやってきたくまの子「よるくま」と、くまのお母さんを探しに行った男の子のお話。

夜の眠りにつく前に、ベッドのなかでお母さんに話して聞かせた、ぼくと「よるくま」との冒険のこと。
お母さんと子どもの会話によってお話が進んでいくので、自然と耳をかたむけてしまう心地よさがあります。

流れ星の次のページが、いい。

ほっと安心できて、「おやすみなさい」と言いたくなる、夜に寝る前に読んであげたいかわいいお話です。
よるくまシリーズでクリスマスの絵本も出ているので、これからの季節にぴったりです。