ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

てんてん

これ読めますか?

f:id:nekoodoruneko:20200114113900j:plain
『御命授天纏佐左目谷行』日和聡子/著、講談社

猫の君子・夜見闇君の命を受け、佐左目谷君を訪ねる旅に出る私の、奇想天外な物語。
他に「行方」「かげろう草紙」も収録されています。

ヒグチユウコさんが装画、名久井直子さんが装丁を担当した本。

河出ムックのヒグチユウコ特集号の中で、ヒグチさんが思い出深い1冊としてあげていたので気になって読みました。

世界観が好きでした。
堅そうに見えてユーモラスな文章は、私のツボにはまりました。
そして、読み進めても見えてこない主人公の姿。
人間なのか動物なのか植物なのか異界の者なのか。
そんなこととりたてて問題ではないと思わせるのが、この物語のすごいところです。

他の2編もそれぞれに趣が違い、とらえどころのない物語たち。
夢の中で体験したような、なぜか知っているような。
かつてどこかで感じたような不安や焦燥を思いおこさせ、心をとらえて離しません。

不気味さと美しさをあわせ持つ物語は、まさにヒグチユウコさんと通じる世界。
本の佇まいもとても美しく、手元に置いておきたくなる1冊です。