ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

イワナミ少年

子どものための特別な本。

f:id:nekoodoruneko:20190713164325j:plain
『本へのとびら ー岩波少年文庫を語る』宮崎駿/著、岩波書店

Twitter岩波少年文庫が盛り上がっているので、この本をご紹介せずにはいられません。
この本では、宮崎駿さんが選んだ岩波少年文庫50冊が紹介されています。

スタジオジブリでは数々の岩波少年文庫の作品たちが映画化され、たくさんの子どもたちを楽しませてきました。
そんなジブリを牽引するアニメーション界の巨匠、宮崎駿さんに「子どもの本を読もう」と言ってもらえると、とても勇気がわきます。

子どもの時に読めたら最高。
だけど、大人になってからでもいい!

子どものために書かれた物語でも、よい作品は大人が読んでも楽しめるのです。

あなたのとっておきの岩波少年文庫はなんですか?

私は『星の王子さま』『くまのプーさん』『みどりのゆび』を選びます。
何度も読み返したくなる名作ばかりです。