ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

森の魔女

カブを探して。

f:id:nekoodoruneko:20210605214224j:plain
『バーバ・ヤガー』アーネスト・スモール/ぶん、ブレア・レント/え、こだまともこ/やく、童話館出版

カブを探して森の奥深くまで入り込んだ女の子マルーシャが、おそろしい魔女バーバー・ヤガーにつかまって…。

ロシアの昔話です。

この絵本は、先日古本屋さんで見つけたもの。
背表紙の美しさと、表紙のインパクト、版画の絵の美しさに惹かれて手に取りました。
お話には猫も登場します。
表紙にもいるんですよ。

バーバー・ヤガーの民話は知らなかったので、今回はじめて読みました。
魔女に捕らえられた女の子が、知恵を使って助かるお話。

BL出版の世界のむかしばなしシリーズ絵本が美しくて大好きなのですが、その1つにこのお話が加わったら素敵かもと想像しました。
黒い騎士と白い騎士、バーバ・ヤガーの不気味な家、黒いヒマワリ、ハリネズミの少年。
幻想的で美しい絵本になる要素がたっぷりあります。
強くて聡明な女性が主人公という点もいい。
新しいバーバ・ヤガーの物語、見てみたいものです。

カブ探しにはじまるお話。
大変な目に遭い壮大な展開をしながらも、最後はカブをどっさり食べて終わる。
このずっこけ感も愛おしい。

読み応えある、ロシアの民話絵本です。