ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

無人本屋くらんなか

先日、ときがわ町にある無人本屋「くらんなか」さんに行って来ました。

店主さんとは前々から知り合いで、無人本屋の構想段階から話は聞いていたのですが、いろいろあってずっと伺えず、今回が初の訪問でした。

f:id:nekoodoruneko:20210419163933j:plain
その名のとおり、蔵が本屋になっています。

三鷹無人本屋さんを参考にしたということで、お会計にはガチャガチャを使います。

f:id:nekoodoruneko:20210419164609j:plain
300円と500円があり、カプセルの中には袋が入っています。

金額が合わなかったり、袋が不要な場合は、ガチャガチャをしなくてもお会計できます。

f:id:nekoodoruneko:20210419165006j:plain
でもせっかくならガチャガチャしたいですよね!
私は500円のガチャガチャを回しました。

くらんなかさんの蔵書は、寄付で集まった本がほとんどだそうです。
そのため値段が安くてとても良心的です。

そして。
この日の大事な目的がもうひとつ。

実は、先日くらんなかさんのツイートで、私が前々から探してた希少本が写っているのを見つけたんです。
店主さんに伝えたら快く取り置きをしてくださり、受け取ることができました。

これもまた信じられないほど安くしていただき…!
ありがとうございました!

無人本屋なのに店主さんに来ていただき、本屋の案内までしていただくという。
なんという贅沢。

この希少本については、ちょっと面白い発見があったので、また改めて記事にしたいと思います。

f:id:nekoodoruneko:20210419170121j:plain
この日の収穫。右側の4冊でなんと500円!

蔵だけに、お宝発掘のような楽しさがありました。

くらんなかは、年中無休で開放してるそうです。
シェアハウス「まちんなか」の敷地内にありますので、住民の方のご迷惑にならない程度にしたいと思いますが、いつでも行けるのは嬉しいですね。
ちょっと暗めなので、おすすめは明るい時間帯です。

店主さんとお話していて、直接お会いしないから、いつどのくらいお客さまが来ているのかわからないという話が印象的でした。
無人本屋ならではのお悩み。

そこで思ったんです。

くらんなかに来たら「#くらんなか」をつけてSNSに投稿しませんか?
「来たよー」って。

店主さんに伝わったらきっと喜ぶと思います。

私も、ネコオドルの投稿があると嬉しいです♪


無人本屋くらんなかさんのHP
https://peraichi.com/landing_pages/view/kurannakabooks/