ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

ネコオドル、5ヶ月を振り返る。

ネコオドル、5ヶ月。
年末なので、ちょっと振り返ったりしてみたいと思います。

f:id:nekoodoruneko:20181222114110j:plain
ロゴマークが出来たのは11月になってからでした。
じっくりと待ったかいあって、お気に入りの踊る猫です。

レンタルスペース施設内のチャレンジショップスペースにあるのが、いまのネコオドルです。
「出店してみませんか」というお話をいただいた時、実は「自分のめざす本屋」をするにはこの場所ではいろいろと障害がありすぎて、内心は「ここでやるだけの意味があるのだろうか」という自問をしていました。それというのも、この場所は駅前開発のために数年の内の取り壊しが決まっているため期間限定。内装やレイアウトにあまり投資ができないこともあり、「本を並べるだけ」の本屋さんしかできないことがわかっていたからです。
しかも、私が常駐できない。
店主がいない本屋にはできることが限られてしまいます。
本を並べているだけで売れるなんて、そんなことはありえません。
では、なぜここでネコオドルをはじめたのか。

それは、出店のお話をくださった方からの言葉があったからです。
その方は最初から堅実なアドバイスをくださる方で、決して楽観的なことは言いませんでした。
「おそらく売上は期待できないだろう」
最初にきっぱりと言われました。
うん、言われなくてもわかってる。
でも、言ってもらえると楽になります。
マーケティングの場所としてやってみてはどうか」
うん、それならやる意味あるかも。
この町で、本を求める人と出会うチャンスをいただいたと思って。
商売としては最初から失格かもしれませんが、この場所の「チャレンジ」という名前に乗っかって、少し気軽にはじめることになりました。
まあ、何より最初に「面白そう」と思ったのが決め手でしたけどね。

6月にお話をいただいて、紆余曲折ありながら7月にオープン。
週に1,2日だけいる店主としての日々がはじまりました。
ちなみにそれ以外の日はお勤めに出ています。
2足のわらじ生活。
私は以前にも、図書館員と舞台関係の2足のわらじを履いていたことがありまして、その時に色々と限界を感じて「2足はやめよう」と決意したことがあったのですが、図らずもまた2足履いてしまいました。
自分、大丈夫か。

今のところ大丈夫です。

本屋にいるときには、本屋の仕事をします。
当たり前のようですが、これがなかなか難しくて、本屋の仕事をしたいのにどうしてもお勤め先の仕事をしなくてはいけない日もありました。そんな日の私は機嫌が悪いです。2ヶ月くらい続いちゃったかな。
うん、大丈夫じゃない時もあったということですね。
でも、今は大丈夫です。

しばらく続けていると、この場所の持つ運命(取り壊しされる運命)が及ぼす影響に、気づいてきました。
先にも書いたとおり、私が「投資ができない」と思うように、この場所には最初からある種のあきらめ感があり、それが「適当」となって姿を表すのです。いまをやりすごせばいいという空気は、あまりいいものではありませんよね。見通しを持たなくてもいいというのは、人をだめにする気がします。

この場所にはまちづくりのために活動する色々な人が関わっています。
オーナーさんもそのひとりで、駅前が空き店舗なのはさみしいからと、取り壊しが決まっているこの場所に人が集まれる施設を作ったのです。元々コンサルの人なので、サービス業に関してはちょっとハラハラしたりヤキモキしたりすることもありますが、持ち前の対人力で乗り切っています。

オーナーさんが不在の時には、この場所をレンタルオフィスとしているデザイン会社の人がお店を守ってくださっています。この方は人柄が良いだけでなく販売業の経験があり知識も豊富で、とても助けられています。いつも迷惑ばかりかけている私に笑顔で応えてくれる、癒やしのマスコット的存在です。この人がいなければ、「休みばかりの不定休」になっていましたし、お客さまが来てくれなかったと思います。

ネコオドルを始めてから、お客さまとの出会いもたくさんあります。オープン当初からお店を気にかけてくださる方々には、精神的にとても支えられています。
たまたま通りがかった方、SNSで見て来られる方、人づてに聞いて来てくださった方、ご来店のきっかけは様々ですが、お話をしているとそれぞれの読書体験、読書傾向、本への想いなどに触れることができて、貴重な機会となっています。当初の目標にしていた「マーケティング」もしっかりと成果をあげています。それ以上に、たくさんの方々と本の話ができることが、純粋に楽しくて嬉しい。本屋さんって素敵だなあと実感しています。

5ヶ月たって、いろいろと見えてきたこと。
「なりたい本屋さん」の像は、はじめる前と今では、だいぶ変わってきました。
先のことも考えはじめました。

ネコオドルは進化したい。

6月から始めたこのブログも、時々さぼりながらもなんとか続けてきました。
来年は、もう少しテーマを広げて、でもゆるーく、綴っていきたいと思います。
年末年始はお休みして、お正月明けから。
来年もよろしくお願いいたします。