ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

本屋ときがわ町

6月8日、第3回「本屋ときがわ町」に出店しました。
埼玉県ときがわ町のiofficeにて行われる、ときがわカンパニーさん主催のブックイベントです。
第1回目に続き、ネコオドルは2回目の出店です。

f:id:nekoodoruneko:20190616104904j:plain

本屋出店だけでなく、ワークショップやイベントも同時開催されます。
この日は、民俗学の視点から地図を読む「旅トーク:住宅地図で遊ぼう!」、美味しいベーグルとコーヒーをいただきながらの「哲学カフェ:死について考える」、そして「勉強会議:『データから考える教師の働き方入門』著者と語ろう!」という、3つのイベントが行われました。

ネコオドルは前回に引き続き、室内には新刊、外には古本。

f:id:nekoodoruneko:20190616104937j:plain
今回の新刊は「持っていて嬉しくなる本」たちを持ってきました。

誤算だったのは、室内はそのままイベント会場にもなるため、イベント中は本屋さんは開店休業状態になること。時間内ほとんどイベントで埋め尽くされていたので、残念ながら新刊はあまりお客さまに見ていただけませんでした。これは次回への課題です。

f:id:nekoodoruneko:20190616104952j:plain
古本。外はあいにくの空模様だったので、エントランス付近の廊下になりました。

ネコオドルの他には、本屋3店、ベーグル屋さん1店の出店がありました。みなさん個性的で、とても楽しい時間になりました。

次回は7月21日開催のようです。
ネコオドルの読書会と重なるため出店できませんが、8月にはまた出店します!