ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

アイスクリン

文明開化の音がする。

f:id:nekoodoruneko:20191225163304j:plain
アイスクリン強し』畠中恵/著、講談社

江戸から明治に変わり、文明開化の音が聞こえる東京。
念願だった西洋菓子店を開いたミナこと皆川真次郎の元に、甘いお菓子を求める「若様組」がやっかいな騒動と一緒にやってくる!

ヨコレイトにシユウクリームにアイスクリン
その響きがどこか滑稽でなつかしい。

今では当たり前のように食べているお菓子たちが、まだまだ珍しい存在だった時代のお話。
美味しそうなお菓子と一緒に、明治のめまぐるしく移りゆく時代の空気に触れることができます。

ドタバタしていて、軽めの謎解きが楽しめる作品。
時代背景や、明治に興味がない人でも無理なく楽しめます。