ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

うちにおいで

ちょっとずつ、少しずつ。

f:id:nekoodoruneko:20210821165049j:plain
『うちのねこ』高橋和枝/作、アリス館

野良猫だった猫が、ある日うちへやってきた。
ゆっくりゆっくり「うちのねこ」になるまでのおはなし。

飼い主さんの思い、猫の気持ち。

ゆっくり少しずつとわかっていながらも焦ってしまったり。
頼っていいのかもと思いながらも信じ切れなかったり。

かつて通ってきた道を辿るような気持ちで、大丈夫だよ、ここがあなたの居場所だよ、と、心の中で話かけるように読みました。

この絵本の「ねこ」は高橋和枝さんの愛猫で、坂本千明さんの絵本『ぼくはいしころ』のモデルとなった猫と同猫。
シノビというかっこいい名前の猫さんです。
しっぽの先っぽがトレードマーク。

野良猫が人間と出会うまでを描いた『ぼくはいしころ』、そして家猫になるまでを描いた『うちのねこ』、2冊あわせて読むと感慨深いものがあります。

うちにも、家猫になったけれどいまだ人間に慣れきれない猫がいます。
立っている人間は苦手で逃げ出すし、ご飯時以外はほとんど姿を見せません。
でもなでてもらうのは大好き。
「そっちに行ってもいい?」って、遠くから鳴いて話しかけてきます。

猫にも猫の気持ちがあって、割り切れない事情があるのでしょう。

それでもうちの子になってくれたことの嬉しさ。
うちにきてくれてありがとう。
ちょうどいい距離感で、これからもよろしくね。

猫がとっても愛おしくなる、素敵な猫絵本です。