ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

百年の継続

必要だから作る、ただそれだけ。

f:id:nekoodoruneko:20210404132100j:plain
『100年かけてやる仕事 中世ラテン語の辞書を編む』小倉孝保/著、プレジデント社

2013年、イギリスで『中世ラテン語辞書』が100年以上の年月をかけて完成した。
採算度外視ですすめられた辞書作りプロジェクトを追ったノンフィクション。

初期の活動の「言葉集め」はたくさんのボランティアが参加して行われたといいます。
そのボランティアの多くは、この辞書の完成を見ることはできなかったのです。

生きている間に終わらないプロジェクト。

ラテン語話し言葉としては既に死んでいる言葉で、この辞書はさほどの需要も見込めず、絶対に儲けにはならない。
そんな辞書作りが、どうして計画され、100年以上もかけて完成にいたったのか。

とても興味深いことです。

この本の中では、『中世ラテン語辞書』から始まり、オックスフォードの英語辞書作り、そして日本の辞書についてまで話が及びます。
後半の「大漢和辞典」出版にまつわるエピソードが思いのほか興味を引いたので、当時の事を書いた関連書を読んでみたくなりました。

この本もとても面白いのですが、カタカナや数字が多いため、読み進めるのに時間がかかってしまったのですよね。
日本の辞書の話になった途端に集中力と吸収力が高まるあたり、私は生粋の日本人です。

また、漢文を切り捨てた日本人の話も興味深い。
現在、NHK大河ドラマ「青天を衝け」は渋沢栄一が主人公ですが、漢文が当たり前のように読まれています。
現代の私達には漢文を日常のなかで使う意味がわからないけれど、それも言葉の歴史の変遷なのです。
この本の中で言われていることが、ドラマを見ているおかげで手に取るように理解できました。

漢文や漢字を切り捨てることは、文化や伝統の消失につながるという危機感。
ラテン語辞書から、思いがけない所まで話がつながりました。

辞書作りはロマン。
言葉は文明。

効率や採算ばかりを求めがちな現代日本の社会に、そればかりじゃない「大切なこと」に気づかせてくれるような1冊です。