ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

うちのこ

生後半年をすぎて、やんちゃざかりの女の子ベル。
ある日の夜、やらかしました。

気づかないあいだにトイレに入り込んで、閉じ込められてしまったのです。

何かすごい物音がする、と思いドアを開けたら、暗闇の中からベルが飛び出してきました。
閉じ込められていたのは、おそらく5分かそこらだと思います。

大暴れしたようで、いろんな物が倒れていたり、壁飾りが外れていたり。
フタは閉まってたので、水の被害がなかったのはよかったのですが。

片付けをしていたら…あれ?

壁に掛けていた刺繍の額を留めていた画びょうが見つからないのです。

狭いトイレのすみからすみまで探しても見つからない。

もしかして。

飲み込んだ?

まだ子猫で、興奮すると突飛な行動をするベル。
閉じ込められたパニックで、思わず拾って食べちゃっていてもおかしくありません。

でも元気そうだし、ご飯食べてるし。
ひとまずその夜は様子を見て、翌日動物病院に連れて行くことにしました。

でも私はベルの体調が気になって気になって、よく眠れませんでした…。
いつもよりぐったりしてない?とか、夜中に何度も起きて様子を見ていました。

そして翌日、動物病院へ。

画びょうを飲み込んでしまったかもしれない、と先生に説明して、レントゲンを撮ってもらいました。

そしたら。

なにも写ってなかった!
よかった!

画びょうがどこへ消えたのかは、未だ謎として残っていますが、ベルの無事が確認できて一安心です。

f:id:nekoodoruneko:20210504152152j:plain
わたし、やらかしちゃった?

いつも気をつけているけど、ふとした瞬間に何が起こるかわからない。

猫の安全と健康のために、もっともっと気を引き締めていかなくてはと思った出来事でした。