ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

映画館で働く

f:id:nekoodoruneko:20210322112102j:plain
『幻想電氣館』堀川アサコ/著、講談社

趣味はシリトリという古風な高校生スミレは、ある日商店街の映画館に迷い込む。
そこで映写技師に一目惚れしたスミレは、アルバイトを始めることに。
風変わりな特技を持つスミレと、不思議な映画館で出会う不思議な人々の、摩訶不思議な物語。

スミレの語りで紡がれるのですが、読み進めているとその語り口調がクセになる。
なんとも言えない味があります。

いつの間にか不思議な世界に入り込む。
ファンタジーでありながら、ミステリーみたいだし、時々ホラーみたいで。

不思議な本に出会ってしまったなぁ。

文庫版は『幻想映画館』と改題されています。
「電氣館」の方がより幻想的で好みですが、伝わりにくかったのでしょうか。

堀川アサコさんの幻想シリーズ、『幻想郵便局』からはじまり何冊も出版されています。

クセになるオモシロさ。
ハマりそうです。