ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

小さいおうち

私の居場所。

f:id:nekoodoruneko:20200413182823j:plain
『小さいおうち』中島京子/著、文藝春秋

昭和初期、東京郊外の赤い屋根の家。
女中タキと、若く美しい奥様。
戦争の影が迫る時代に生きる女性たちの物語。

今の日本に似ている、と思い、再読しました。

待ち望んでいた東京オリンピックが返上になったり、人々が買いだめに走ったり…。
まるで今の私達のようではないですか?

物語の中で、戦争が人々の生活に陰りを落とすのですが、現代の私達が歴史として習うことや戦争映画で見ることと、当時を生きていたタキ達の実感とが違っているということに、妙にリアリティーを感じました。

徐々におしよせてくる不穏な影になんとなく気づきながらも、現実感なくやり過ごしてしまう。
どんな時も人は、そんなものなのかもしれません。

今、読む本読む本、新型コロナに影響されてしまうのも、今だけと思い、この感覚を大事にしたいと思います。

とても美しい物語です。
今の状況が落ち着いたら、また読みたい。