ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

夢の本屋

猫本屋が見る夢。

f:id:nekoodoruneko:20200406170458j:plain
『夢の猫本屋ができるまで』井上理津子/著、ホーム社

東京の三軒茶屋にある猫本屋Cat's Meow Booksができるまでを丁寧に追った本。

店主の安村さんが7期生として受講したBUKATSUDOの「これからの本屋講座」、私も10期生として受講しました。安村さんは本屋講座から本屋を開業した先輩として、登壇してくださいました。

この本が発売された2018年7月の、ネコオドルが寄居駅前のマチタネ内に場所を借りてオープンした日、BUKATSUDOの平賀さんがこの本を持って訪ねて来てくださったのが、とても印象に残っています。
平賀さんはこの本にも登場する、本屋を目指す人を明るく照らしてくれる存在。読めばわかります。本当に素敵な女性です。

私も、小さくて気まぐれ開店ながら、猫のいる本屋をしています。
見る人から見たら「あまっちょろい」と言われるような本屋ですが、思い描いていることは、安村さんとそう違わないと思います。

猫が本を、本が猫を、つないでいく。

猫も本も好きだから、どっちも幸せになれるように。

この本を何度も読みながら、自分の目指すものを見失わないように確かめています。

猫好きにも、本屋好きにも、必読の本です。