ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

本屋の猫

本屋には黒猫が似合う。

f:id:nekoodoruneko:20200222123335j:plain
『本屋のラク 9回生きたねこのはなし』くどうかずし/文、やまぐちぴこ/絵、出版ワークス

黒猫のラクと飼い主のソウタ。
9回生まれ変わることができると女神から教えてもらったラクは、何度も生まれ変わった姿でソウタに会いに行きます。
ソウタに気づいてもらえる日はやってくるのでしょうか。

猫には九つの生命があるという言い伝えから生まれたお話。

猫のラクは野良猫でしたが、自分から本屋の猫になりました。
猫と本屋って、相性がいいんでしょうかね。

子どもの頃から何匹も猫を飼って見送ってきたので、この絵本にはグッときました。

でも、今のこの子が誰の生まれ変わりかなんて関係なくて、今のこの子が愛おしく大切な存在だから、すべての猫との間に絆があると思いたい。

昔買っていた黒猫のクロも、今の黒猫のもろも、それぞれに大切な存在。
オンリーワン。
もろがクロの生まれ変わりだったとしても、それはそれで、クロももろも同じに愛する気持ちは変わらないや、と思ったのでした。

でもグッとくる絵本。
猫好きさんにはすすめたくなる絵本です。