ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

読書会@和室

8月25日、寄居読書会でした。
ネコオドルが移転したため場所の提供ができなくなりましたが、変わらず参加していきます。

今回の会場は公民館でした。
和室、畳が心地よい。

第15回目、課題本はヘミングウェイ老人と海
参加者は5名。

f:id:nekoodoruneko:20190825194017j:plain

みなさんの感想のなかで「ハードボイルド」「マッチョ」という表現が印象的でした。

私の率直な感想は「男のロマン」。
大きな獲物をしとめる、果敢に闘いに挑む、そこに魅力を感じるのは男性的に思えます。闘い好きな男性は興味深くこの作品を読むのかも、と。
私は、魚がかわいそう…と思ってしまうのでした。

でも読み進めていって、この作品はそれだけではないんだと思いました。
最後の少年とのシーンがとても印象的です。

ライオンの夢。

私も見たいな。

みなさんの「海」のイメージや、祖父母との思い出など、『老人と海』から連想した話も聞くことができました。

マッチョな、アメリカンな物語。
再読できておもしろかったです。