ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

読書会@ネコオドル

7月21日、ネコオドルで読書会を開催しました。
寄居読書会の第14回目です。

課題本は向田邦子『思い出トランプ』
参加者は6名。

f:id:nekoodoruneko:20190723214501j:plain

13の短編小説からなるこの本。
家族、夫婦、男女の、ふだんは秘めている部分を描いた物語たち。
どこか後ろめたく、怖い物語たち。

多く出た感想は、

昭和を感じる。
奔放。
今ならコンプライアンス的にアウト!

読んでいて私は現代の潔癖さが際立って感じられました。

SNS時代。
すぐにネットにアップしたくなったり、誰かに共感してほしかったり。心に秘めておくこと、秘密裏に何かを行うことが苦手になっているのではと思いました。

昭和の時代。
奔放で自由で、だけど、家族や夫婦の形にはめられて窮屈で。

みんなで「かわうそ」を朗読しました。
かわうそ、怖いですね。
厚子はサイコパス
そんな意見でまとまりました。

『思い出トランプ』、面白いです。