ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

子猫絵本の名作

きれいな水色に子猫が映えます。

f:id:nekoodoruneko:20190304104018j:plain
『ちいさなねこ』石井桃子/さく、横内襄/え、福音館書店

美しい表紙に、まずため息。
お話を読んで、またため息。
本当にすばらしい絵本です。

小さな猫の、大冒険。
ハラハラしながら読んで、ほっと安心して終わる。
「行って帰る」子どもが安心してお話の中に入れる物語。

子猫の表情や動き、親猫の勇ましさなど、猫の魅力もたっぷりです。

日本の昔懐かしい家屋や、街の風景、車の形などに、ちょっぴり歴史を感じます。
はじめて出版されたのは1963年ですから、納得です。

50年以上も愛され読み継がれている名作絵本。
くっきりと美しく、遠目がきいて、読み聞かせにぴったりです。