ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

おまえはドミトリー

科学はニガテ…でも大丈夫!

f:id:nekoodoruneko:20190118123702j:plain
『ドミトリーともきんす』高野文子/著、中央公論新社

不思議な学生寮「ともきんす」。
お二階には寮生さんが4人。
朝永振一郎牧野富太郎中谷宇吉郎湯川秀樹……
有名な科学者さん達ばかりですね。

私がこの本と出会ったのは、図書館での「科学道100冊」フェアです。
科学本100冊で構成されるこのフェアは書店、図書館の垣根なく全国で展開されていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。私ももれなくこのフェアに乗った一人。図書館で2ヶ月ほどコーナーを作り展示していました。科学本といっても、ビジュアルの美しい本や入門書が多く、興味をひくような本がセレクトされていて、とても楽しいフェアになりました。

フェア本のなかでもマンガは異色だったので、この本は印象に残りました。

そんな印象的な本を、最近、思いもかけないところで人からいただきました。
おお、おまえは科学道……!
感動の再会。

フェアを展開していたものの読んでいなかった私に、「読め」という天からの指令が下ったのでしょう。

この本のテーマは「科学者たちの言葉」。
科学は苦手という人でも、マンガでとても読みやすいと思います。