ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

みすゞの詩

こころにしみる詩。

f:id:nekoodoruneko:20190107125825j:plain
『わたしと小鳥とすずと  金子みすゞ童謡集』金子みすゞ/著、矢崎節夫/選、ジュラ出版局

高校生の頃、学校の図書室には1冊のノートがありました。
生徒たちと司書の先生の交換ノート。「こんな本がほしい」とか「いつもありがとう」とか、そんなことが書いてありました。
私がこのノートに唯一書いたこと、それが「金子みすゞの詩集を入れてください」でした。

当時はテレビCMで金子みすゞの詩が話題になった頃。
私も例にもれず、CMで金子みすゞを知り、その詩の世界に引き込まれたのでした。

数日後、図書館には、金子みすゞの詩集が3冊ありました。
司書の先生が、リクエストに応えてくれたんですね。
とても嬉しかったことを覚えています。

『わたしと小鳥とすずと』は、詩集全3冊のうちの1冊です。
みすゞのやさしいことばは、小さい子どもにも触れてほしい。
子どもの記念日に贈ってあげたくなる、宝石のような詩集です。