ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

すべて猫のもの

猫好きならば否めない。

f:id:nekoodoruneko:20181104105543j:plain
『わたしのものよ』マルー/えとぶん、WAVE出版

大判の表紙は、緑と花に囲まれた、白い猫。
美しい絵本です。

リリさんの家で、犬のゴマと共に暮らす猫のサカナの日常。
家の中で外で、出会うモノすべて「わたしのものよ」とサカナは言います。
猫を愛する人には、共感できる部分があるはず。

私の家は、子どもの頃からいろいろな猫を飼っていました。
特に縁があるのか、黒猫が多いのですが、白猫と、茶トラは、まだご縁がありません。
白猫、憧れます。

畳んだばかりの洗濯物のうえに猫が寝そべっても、「しかたないなあ」と笑って許す。
そんな猫好きあるあるも、すべては猫のものですからね。

猫と暮らす人たちに、猫の愛おしさ倍増させちゃう本。
この表紙がとても魅力的です。