ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

ミステリーだった

ラストで驚かされ、大好きになった1冊。

f:id:nekoodoruneko:20180922153219j:plain
『烏に単は似合わない』阿部智里/著、文藝春秋

平安王朝の雰囲気と、神話ファンタジーの世界を併せ持った、私好みな作品なのですが、ラストはまさにミステリーです。
松本清張賞受賞、納得の面白さでした。

舞台は、八咫烏が支配する架空の世界。
世継ぎの若宮の后選びのために宮廷に集められた4人の姫それぞれの陰謀や恋心が火花を散らします。侍女の失踪、後宮への侵入者、謎の手紙…。次々と起こる事件。后選びの妨害者は誰なのか…?

この作品から、八咫烏シリーズとして、架空の世界「山内」に住む八咫烏の一族をめぐる物語が展開しています。
完璧に作り込まれた世界、魅力的な登場人物、展開のうまさ、文章の巧さ。
申し分のないエンターテイメント作品です。