ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、保護猫5匹と暮らしています。本屋さんになるための修行中。

増えていく本

いろんな方からのプレゼントもあって、私は5冊も持ってます。

f:id:nekoodoruneko:20180911171832j:plain
星の王子さまサン=テグジュペリ/作、内藤濯/訳、岩波書店

フランス生まれの名作。
「たいせつなことは目に見えない」
このセリフで有名です。

子どもと大人とでは、読み方や感じ方が変わる本だと思います。時事的な比喩なども織りまぜられているので、大人になってから初めて読んだ人には、少し教育的だったり風刺的に感じる部分が強いかもしれません。

でも、これは星の王子さまと不時着した飛行士の、美しい物語。
子どもに純粋な心で読んでほしい物語です。

今はいろんな出版社から、いろんな訳者の『星の王子さま』が出版されています。
池澤夏樹訳の集英社版や、河野万里子訳の新潮社版なども持っていますが、私はやっぱり岩波書店内藤濯さんの訳したものが好きです。

ウワバミは、ウワバミじゃないと、しっくりこない。

読み比べてみるのも面白いかもしれません。
新しい発見もできそうですよね。

プレゼントにも喜ばれる本ですが、気をつけないと、私のように何冊も持ってる人もいるかもしれませんよ。
それくらい、贈りたくなる宝物のような1冊です。