ネコオドルのほんのつぶやき

自然豊かな小さな町で、猫5匹と暮らしています。小さな本屋「ネコオドル」店主が、本のこと猫のことなどをつぶやきます。

みんながプリンセスだった

中学生の頃、ボーッと生きていた私は、友達のことで悩むこともなく毎日ほんとにボーッと過ごしていました。
幸せのような、もったいないような。

f:id:nekoodoruneko:20180817141826j:plain
『王妃の帰還』柚木麻子/著、実業之日本社

私立女子校に通う中学2年生。
ある日、クラスの頂点に位置する姫グループから、滝沢さん(王妃)が追い出されてしまう。そしてなぜか私たちの地味で平凡なグループに滝沢さんを迎えることになり…。
穏やかな日常を取り戻すため、王妃を無事に帰還させることができるのでしょうか。

柚木さんの作品は、女性が普段見せていない部分、見ないようにしている部分を結構あけすけに描くので、読んでいるとそのドロドロした部分に足をとられて身動きがとれなくなってしまうことがあります。はやく抜け出したいこのドロドロから。いままで目を背けてきたことに対峙させられるので、しんどくて読めなくなることもありますが、それほどに柚木さんの描く女性がリアルなんだと思います。

この本は、中学生のお話なのでドロドロはしていませんが、女の子の気持ちの痛みに触れて、チクッとします。

女ってむずかしい。
でも、女っておもしろい。

かつての女の子も、現役の女の子も、みんなに読んでみてほしい1冊です。